ましねおじさんのいろいろ

マシーネンクリーガーを応援しているおじさんの日常。

 

マシーネンクリーガーとは 

INFORMATION=BOOK




What’s Ma.K.

    

 現在より40年(※1)も昔をさかのぼる。
 当時、プラモデルをいかにカッコよく造れるかがステータスだった
少年たちにとって、月刊模型誌のホビージャパン(以下HJ)に掲載
されていた作例は、かぎりない憧憬の対象だった。
 1982年HJ誌5月号。イラストレーターであり、モデラーでもある
横山宏氏の作例が紹介された。
 タカラより発売されていた「ミクロマン」という1/20の可動人形を
素材とするパワードスーツ(AFS)だった。

 横山氏のデザインによるパワードスーツは圧倒的な読書の支持を得、
HJも横山氏自身も一回だけの企画だと考えていた作例は、
毎月の連載となった。
 横山氏がデザインし立体化化するオリジナルモデルから、
当時HJ誌の編集部員だった市村弘氏が背景となるストーリーを生んだ。
 「SF3Dオリジナル」という名の連載は、デザイン、造形物、
背景世界の三つを柱に、HJの読者を魅了していった。
 回を重ねるごとに熱狂は高まり、ついに日東科学
(現在の日東科学教材)によるプラモデル製品化にまで達したが、
市村氏のHJ退社を機に、連載は大きく変質し、企画先導型の平凡な
造形記事となった。
 そして、1985年12月号。唐突に連載終了が告げられた。祭りの火が
消えてしまった瞬間だった・・・



 「SF3Dオリジナル」は消滅したが、
それを読んで胸を躍らせていた少年たちの思いは消えなかった。
 年月が過ぎ、やがて十数年が過ぎ去ろうとした時、
「SF3Dオリジナル」プラモデルシリーズの金型を保管していた
日東科学教材が、プラモデルの名称を
「Ma.K.(マシーネン・クリーガー)」と改め、再販することを
アナウンスした。
 熾火のように息づいていた元少年達の思いが、
ふたたび燃えはじめた。インターネットという有効な情報ネットワーク
を得ていた彼らにより、ウェブサイトが次々と立ちあがる。
かつて「SF3D」に青春の一部を預けていた人間達の輪が
次第に広がった。
 やがては横山氏が直接その輪に触れてくるようになり、
モデルグラフィックス(以下MG)誌上で、横山氏がウェブサイトの
アドレスを紹介するまでになった。
 ついにMG誌1999年2月号にて、「Ma.K.」の特集が組まれ、
「SF3Dオリジナル」の魅力が再評価された。
そしてそれに魅せられた人間たちや、これから始まる「Ma.K.」
について、横山氏をはじめとする多くの人々により語られた。
(「SF3D」連載終了の経緯や、再販の際のHJと日東との裁判の
 事情などが、同誌にて明らかにされている)

 「SF3D」は終わり、「Ma.K.」として再生した。
だが「Ma.K.」は「SF3D」の影ではなく、残滓でもない。
 「Ma.K.」はこれから始まる物語なのだ。
 日本国内、海外を問わず、かつて「SF3D」に何かを与えられた
人間が主催する、”二巡目の学園祭”なのである。その学園祭の
演じ物は、立体物であり、イラストであり、小説であり、あるいは
ゲームである。現在の少年たちに、かつて確かに存在した
興奮と熱狂を示すための。
 やがては、この祭りも終わる時がくるだろう。
しかし、また十数年のち、「Ma.K.」によっって興奮を受け継いだ
少年たちが、今度は三巡目の学園祭を起こしてくれる事を、
ぼくたちは疑わない。









Background Story


 西暦2807年。
 第四次世界大戦の炎が、世界を灼き尽くした。
かろうじて生きながらえた人類は、もはや汚染された地球が
自分たちの家ではないことを知り、
太陽系外の植民星を目指し旅立った。


 そして48年が過ぎ・・・


 オーストラリア大陸に、半世紀を経て、人類の足跡がしるされた。
銀河系連邦の派遣調査隊は、地球の環境がふたたび人間の居住が
可能なまでに回復していることを知った。
地球の自浄能力は、惑星環境学者の想定を遙かに上回るものだった。
 地球への植民計画が了承され、植民団が星々の海を越えて
次々と地球に降り立った。彼らは都市を築き、日々の暮らしを築き、
一人ひとり幸せを築いていった。
 だが都市が膨張するにつれ、銀河系全域から犯罪者、脱走兵、
テロリストたちが地球へ流れてきた。司法当局の手の及ばない、
格好の避難場所として。

 治安の悪化に苦慮した銀河連邦は、強力な軍事、警察力を持つ
シュトラール共和国に地球を委任統治させ、治安の回復を図った。
 シュトラール軍警察大隊と外人部隊によって、治安は一挙に
回復した。しかしその代償として、様々な統制を地球の住民は
容認しなければならなかった。規則と監視のもとでの平和を。

 2880年から、シュトラール軍に対するテロがはじまる。
駐留軍はテロを徹底的に取り締まり、規制を強化した。
 同じ頃、かつて惑星間紛争で活躍し、平和の間に職を失った
傭兵たちが地球に集い始めた。戦争の臭いをかぎつけ、
彼らの棲むべき戦場を求めて。
 2882年、地球は独立を宣言した。シュトラール軍の対応は素早く、
独立宣言の翌日には傀儡政権をたて、反乱鎮圧を名目とし、
戦闘部隊の出動を要請させた。
 地球独立政府は傭兵を主戦力とし、シュトラール軍に宣戦を布告。
外人部隊が傭兵軍に寝返り、各地の軍駐屯地を襲撃して、
重装備をうばった。一時はシュトラール軍を撤退寸前まで追い詰めた
ものの、質量ともに勝るシュトラール軍は反撃を開始し、
傭兵軍の敗北は目前とみられた。

 2883年6月。傭兵軍が起死回生を賭して投入した装甲戦闘服(AFS)
のため、シュトラール軍は大損害を重ね、再びシーソーはゆらぐ。
それに対抗するシュトラール軍も新兵器を開発し、戦争は果てしない
消耗戦と化していった。。。



以上全文は、「1999年ワンダーフェスティバル冬」にて
有志によって作成され無料配布されたパンフレット
『INFORMATION BOOK』(写真)より転載。

 (この『INFORMATION BOOK』は企画・原案/関口 巌、
  コピーワーク/峯下幸夫、デザイン・レイアウト/カザマヒデキである。)
 (従って文中記載は1999年当時知り得た情報・事実を基にしている。)
 (※1部のみ2022年時点での過去年数にましねおじさん変更)
 (「MA.K.」を「Ma.K.」の表記に変更)


各種資料・復活以降の動向等


HJ連載時からの各種メカや主要登場人物について
村生えでぃ氏がすばらしい用語辞典を作成している。
横山宏氏の許可を得てイラストやモデル写真も豊富である。


2007年4月には、横山宏氏初の個展が東京都青山ブックセンターにて開催された。
当個展の様子(オリジナルモデル)は、当ブログ2007年4月5月6月の記事を参照されたい。


2008年4月12日~10月19日、米サンフランシスコ:サンノゼ美術館にて、
ROBOTS: EVOLUTION OF A CULTURAL ICON』展内で、マシーネン・クリーガーが展示された。
  当ブログ:ロボット展でのマシーネン・クリーガーの展示の様子
過去50年間のロボット美術史の進化過程の検証に於いて、世界中のアーティスト
20数名の作品の中に、マシーネン・クリーガーが捉えられたという事実は非常に意義深い。


2012年7月28日~8月8日 トーキョーカルチャートbyビームス にてMa.K30周年を記念して個展
横山宏 「Kow Yokoyama Exhibition『S.F.3.D to Ma.K. 1982→2012』」  が開催された。
  当ブログ:横山宏個展の様子


2016年7月29日 ワンダーフェスティバル2016年[夏]の中で、
横山宏氏の還暦を祝う、「横山宏展 S.F.3.D to Ma.K」 が開催された。

2017年9月「The HOLLYWOOD Report」誌にて、Warner Bros.が
Ma.Kの映画化を進行中 とのニュースが紹介された。

2019年 「横山宏のマシーネンクリーガー展」 が開催された。
 2019年4月27日~6月23日 北九州市漫画ミュージアム
 2019年7月13日~9月1日 八王子夢美術館


デジキューブ社版(現在廃刊)バンドデシネについて、Okuda氏が解説ページを作成した。
『Ma.Kの躍動する世界』 をネット上で楽しめる数少ない資料である。


復活以降の詳細事項は、Okuda氏の 『Maschinen Krieger Web FAQ』 を参照されたい。
 (2003年11月までの動向についてはtopに詳細に記述されている。
  また各種キット作例やオリジナルモデル写真等資料も豊富である。)





現在の商品販売状況


●プラスチックモデルキット

(株)WAVEより 完全新金型のプラスチックモデルキット が発売中である。
 2006年12月発売 : 1/20 AFSSA E3C/E3CBルナポーン
 2007年06月発売 : 1/20 AFS Mk.II
 2007年12月発売 : 1/20 AFS-Pポーラーベア
 2008年08月発売 : 1/20 AFS Mk.I
 2008年12月発売 : 1/20 G-Pawn
 2009年05月発売 : 1/20 SNAKE-EYE
 2009年09月発売 : 1/20 AFS ナイトストーカー
 2010年01月発売 : 1/20 S.A.F.S.
 2010年06月発売 : 1/20 S.A.F.S. SNOW MAN
 2010年11月発売 : 1/20 S.A.F.S. ラプター
 2011年05月発売 : 1/20 S.A.F.S.SPACE TYPE 2C スーパーボール
 2011年09月発売 : 1/20 Panzer Kampf Anzug Ausf K-4 ケッツァー
 2012年01月発売 : 1/20 Panzer Kampf Anzug Ausf G グスタフ
 2012年07月発売 : 1/20 S.A.F.S.SPACE TYPE ファイアボール
 2012年12月発売 : 1/20 Armored Fighting Suit Custom Type アーケロン
 2013年07月再販 : 1/20 S.A.F.S. Space type 2 SNAKE-EYE
 2013年10月発売 : 1/20 S.A.F.S. typeR ラクーン
 2014年01月発売 : 1/20 キュスター&フリードリッヒ
 2014年07月発売 : 1/20 SNAKE EYE RECONNAISSANCE TYPE シーピッグ
 2014年11月再販 : 1/20 S.A.F.S. スノウマン
 2015年07月発売 : 1/20 AFSSA E6C/E6 ニューラリーポーン
 2015年07月再販 : 1/20 Armored Fighting Suit Custom Type アーケロン
 2015年08月発売 : 1/20 S.A.F.S. Mk.III ラプター
 2015年09月発売 : 1/20 P.K.A. ausf K コンラート
 2016年01月発売 : 1/20 H.A.F.S. グラジエーター[後期量産型]
 2016年06月発売 : 1/20 A.F.S.Mk.II [S.F.3.D BOX Version]
 2016年09月発売 : 1/20 P.K.A. Ausf L レオパルト
 2016年12月発売 : 1/20 ウインター ミュート
 2017年04月再販 : 1/20 S.A.F.S.SPACE TYPE ファイアボール
 2017年06月発売 : 1/20 S.A.F.S. プロトタイプ
 2017年09月再販 : 1/20 A.F.S. C.D.Type ポーラーベア
 2017年11月発売 : 1/20 S.A.F.S. Mk.III Type R ラプーン
 2018年02月発売 : 1/20 P.K.A. Ausf N-1 ニーゼ
 2018年06月再販 : 1/20 S.A.F.S.
 2018年11月発売 : 1/20 S.A.F.S.R SPACE TYPE プラウラー
 2019年04月発売 : 1/20 S.A.F.S. from1984 to 2019
 2019年09月発売 : 1/20 S.A.F.S.SPACE TYPE 2C スーパーボール
 2019年11月発売 : 1/20 P.K.A. Wapruf(K)カウツ
 2020年01月発売 : 1/20 H.A.F.S. グラジエーター[G1/G2/G3]
 2020年05月発売 : 1/20 Panzer Kampf Anzug Ausf F フリードリッヒ
 2021年10月発売 : 1/20 S.A.F.S. type R ラクーン
 2022年07月発売 : 1/20 P.K.A. Ausf M メルジーネ
 2022年12月発売 : 1/20 S.A.F.S. Mk.III A8/R8
 2023年07月発売 : 1/20 S.A.F.S. SPACE TYPE ファイアーボールSG
 2023年12月発売 : 1/20 P.K.A. [ Weltraum ] Ausf F フリーゲ
 2024年03月発売 : 1/20 P.K.A.
 2024年xx月発売予定 : 1/20 P.K.A. Ausf D ドーラ

(株)WAVEより NITTO+WAVEシリーズ および
 3QMODEL(旧NITTOキット) の プラスチックモデルキット が発売中である。
 NITTO+WAVE
 2005年xx月発売 : 1/20 ファイアボールSG
 2005年xx月発売 : 1/20 ラプター
 2008年12月発売 : 1/20 陸戦ガンス
 2009年11月発売 : 1/20 H.A.F.S. スーパージェリー
 2012年03月発売 : 1/20 A.P.50 フンメル
 2013年06月発売 : 1/20 Pz.Späh 1124 ルナガンス
 2014年03月再販 : 1/20 H.A.F.S. スーパージェリー
 2014年10月発売 : 1/20 SK362 Pnzer Spähwagen オスカル [ 25mm Linear Gun type ]
 2016年03月発売 : 1/20 パックレーテ
 2016年06月再販 : 1/20 陸戦ガンス
 2018年09月発売 : 1/20 SK362 Pnzer Spähwagen オスカル 初期型
 2019年06月発売 : 1/20 ノイスポッター
 2020年08月発売 : 1/20 キュスター
 2020年12月発売 : 1/20 クラッヘンフォーゲル
 2021年07月発売 : 1/20 ルナガンス
 2023年03月発売 : 1/20 ノイスポッター
 2024年xx月発売予定 : 1/20 Ninja(クラッヘンフォーゲル宇宙タイプ)

 3QMODEL
 2009年07月発売 : 1/20 カウツ
 2009年07月発売 : 1/20 フリーゲ
 2010年03月発売 : 1/20 メルジーネ
 2010年05月発売 : 1/20 クレーテ
 2011年01月発売 : 1/20 ホルニッセ

(株)ハセガワより完全新金型のプラスチックモデルキットが発売中である。
 マシーネンクリーガー
 2009年03月発売 : 1/20 反重力装甲戦闘機 Pkf.85 Falke ファルケ
 2009年07月発売 : 1/20 Ma.K Figure Set フィギュアセット
 2009年12月発売 : 1/35 LunaDiver/Stinglay ルナダイバー スティングレイ
 2010年02月発売 : 1/20 反重力装甲戦闘機Pkf.85 Falke ファルケ“エクサイマーレーザーガン装備”
 2010年12月発売 : 1/35 P.K.H.103 Nutcracker ナッツロッカー
 2011年05月発売 : 1/35 P.K.A. Ausf G Gustav グスタフ
 2011年05月発売 : 1/35 P.K.A. Ausf M Melsine メルジーネ
 2011年06月発売 : 1/20 反重力装甲戦闘機Pkf.85bis Griffon グリフォン
 2011年12月発売 : 1/20 P.H.J.101 GroßerHund グローサーフント
 2012年07月発売 : 1/20 宇宙用ヒューマノイド型 無人邀撃機 グローサーフント“アルタイル”
 2013年01月発売 : 1/20 LUM-168 CAMEL 宇宙用戦術偵察機キャメル
 2013年06月発売 : 1/20 ヒューマノイド型無人邀撃機グローサーフント Ausf.K“キュクロープ”
 2014年06月発売 : 1/20 ロボットバトルV 44型重装甲戦闘服 MK44 アンモナイツ(スマートガン装備&固定武装型)
 2015年06月発売 : 1/20 ロボットバトルV(ファイブ) 44型重装甲戦闘服 MK44 アンモナイツ(スマートガン装備)
 2016年12月発売 : 1/20 ロボットバトルV 44型重装甲戦闘服 MK44B型 ハンマーナイト
 2017年04月発売 : 1/35 P.K.H.103 ナッツロッカー “カンプグルッペ バルク”
 2018年01月発売 : 1/20 反重力装甲戦闘機 Pkf.85bis グリフォン
 2018年02月発売 : 1/35 ファイアボールSG & SGプラウラー
 2018年03月発売 : 1/35 ルナダイバー スティングレイ “オペレーション・ダイナモ”
 2018年03月発売 : 1/20 ロボットバトルV(ファイブ) 月面用重装甲戦闘服 MK44H型 ホワイトナイト
 2018年05月発売 : 1/20 ヒューマノイド型無人邀撃機 グローサーフント Ausf.K “キュクロープ”
 2018年10月発売 : 1/20 ロボットバトルV 月面用重装甲戦闘服 MK44H-0 ホワイトナイト “プロトタイプ”
 2019年03月発売 : 1/20 反重力装甲戦闘機 Pkf.85 ファルケ I型乙
 2019年03月発売 : 1/35 P.K.A. Ausf. G グスタフ
 2019年03月発売 : 1/35 P.K.A. Ausf. M メルジーネ
 2019年09月発売 : 1/35 ファイアボールSG “イントルーダー”
 2019年10月発売 : 1/20 月面/宇宙用ヒューマノイド型無人邀撃機 “ベガ/アルタイル”
 2019年12月発売 : 1/35 P.K.A. Ausf. G グスタフ & Ausf. M メルジーネ
 2020年01月発売 : 1/20 ロボットバトルV 44型重装甲戦闘服 MK44B-2 アックスナイト
 2020年11月発売 : 1/20 ヒューマノイド型無人邀撃機 グローサーフント “ダックスフント”
 2021年01月発売 : 1/35 ルナダイバー スティングレイ “ムーンスノウマン”
 2021年04月発売 : 1/20 反重力装甲戦闘機 Pkf.85 ファルケ “ボマーキャット”
 2021年07月発売 : 1/20 宇宙用ヒューマノイド型 無人邀撃機 グローサーフント “シュバルツフント”
 2021年11月発売 : 1/35 P.K.H.103 ナッツロッカー “ヴァルトガイスト”
 2022年04月発売 : 1/20 反重力装甲戦闘機 Pkf.85 ファルケ “Ma.K. 40周年記念”
 2022年08月発売 : 1/20 月面用ヒューマノイド型無人邀撃機 グローサーフント “ルナフント”
 2023年03月発売 : 1/20 ロボットバトルV(ファイブ)宇宙用重装甲戦闘服 MK44G型 ゴーストナイト
 2023年11月発売 : 1/35 P.K.A. Ausf.M メルジーネ “ヴァルトガイスト”
 2024年02月発売予定 : 1/20 ヒューマノイド型無人邀撃機 グローサーフント Ausf.M “マスカレード”
 2024年02月発売予定 : 1/20 ロボットバトルV 月面用重装甲戦闘服 MK44H-0 ホワイトナイト “プロトタイプ”

 (株)ハセガワマシーネンクリーガーページ
 当ブログ:2008年2月ニュルンベルグトイフェア発表の様子
 当ブログ:静岡ホビーショーのスケール発表の様子
 当ブログ:全日本ホビーショーの原型パネル表示の様子
 当ブログ:2008年Ma.K関東展示会での光造形原型コピー展示
 当ブログ:2009年2月ニュルンベルグトイフェアでのテストショットの様子
 当ブログ:2009年3月ファルケキットレビュー
 当ブログ:2009年5月静岡ホビーショーのフィギアセットサンプル展示の様子
 当ブログ:2010年2月ニュルンベルグトイフェアでの発表の様子

1/20Falkeは2010年2月『Modelle des Jahres 2010 Kategorie: Science-Fiction』を受賞。
1/20Lunadiverは2011年2月『Modelle des Jahres 2011 Kategorie: Science-Fiction』を受賞。
1/20Nutcrackerは2012年2月『Modelle des Jahres 2012 Kategorie: Science-Fiction』を受賞。
1/20GroserHundは2013年2月『Modelle des Jahres 2013 Kategorie: Science-Fiction』を受賞。
1/20Camelは2014年2月『Modelle des Jahres 2014 Kategorie: Science-Fiction』を受賞。


(株)マックスファクトリーより完全新金型のプラスチックキットモデルが発売予定である。
 2024年xx月発売予定 : 1/35 ファルケ
 202x年xx月発売予定 : 1/35 ホルニッセ


(株)海洋堂より完全新金型のカプセルトイキットが発売中である。
 2017年04月発売 35ガチャーネン第1弾
       1/35 A.F.S.
       1/35 S.A.F.S.
       1/35 S.A.F.S.スネークアイ
  (成形色:4種=フィールドグレー、ダークイエロー、ピンク、クリア)
 2017年04月発売 フィールドグレー色3種セット
 2017年04月発売 サンドイエロー色3種セット
 2017年05月発売 オチャーネン(御茶然) (モデラーズフリマ限定)
 2017年05月発売 フィギュア王232号付録 S.A.F.S.ダルーマン
 2017年07月発売 WF2017夏限定販売
       1/35 ケッツァー
       1/35 ファイアーボール
       1/35 S.A.F.S. ラムーネン(ラムネ瓶クールブルー)
 2017年07月発売 宮脇センム(社長)の還暦記念限定商品
       1/35 60NEN S.A.F.S.(ロクジューネン)
 2017年09月発売 35ガチャーネン 横山宏ワールド S.A.F.S.リコピンジャー
       1/35 S.A.F.S.
 2017年12月発売 スネークアイ香港スペシャル
       1/35 1/35 SNAKE EYE SAFS Space type 2ゴールドメッキ加工
 2018年01月発売 35ガチャーネン -横山 宏ワールド- JKフレンズ
       1/35 JKF01 joshi-kousei-Friends
       1/35 S.A.F.S Super Armored Fighting Suit
       1/35 SNAKE EYE SAFS Space type 2
 2018年02月発売 スネークアイ幕張スペシャル
       1/35 SNAKE EYE SAFS Space type 2シルバーメッキ加工
 2018年04月発売 S.A.F.S.上海スペシャル
       1/35 S.A.F.S. ゴールドメッキ加工
 2018年10月発売 悲しい色やネン (大阪ホビーフェス限定販売)
       1/35 S.A.F.S. 
 2019年03月発売 35ガチャーネン第2弾
       1/35 ファイアボールSG
       1/35 S.A.F.S. Type R ラクーン
       1/35 P.K.A. ハインリッヒ H0型・H1型(2タイプから選択)
 2019年05月発売 35ガチャーネン G.NEN.JOE(ジーネンジョー) モデラーズフリマ2019限定商品
 2019年11月発売 デジタルガレージキット コマイネン Ma.Karon
 2019年11月発売 コマイネン Ma.Karon S.A.F.S. “北九州ライトラスト” 海外マンガフェスタin 北九州限定.ver
 2020年06月発売 35ガチャーネン 横山宏ワールド Vol.3.0FINAL
       1/35 メルジーネ
       1/35 カウツ
       1/35 ラプター
 2020年07月発売 デジタルガレージキット 1/20 1/35 横山宏ヘッド
 2020年08月発売 デジタルガレージキット 1/20 1/35 横山宏ヘッド Chocolate Color Ver.
 DOYANEN
 2021年08月発売 1/35 ドーヤネン No.001 シュトゥルムケーファー
 2021年10月発売 1/35 ドーヤネン No.001 シュトゥルムケーファー ロイヤルシーグレーカラーVer.
 2023年03月発売 1/35 ARTPLA キュスター (2機セット)
 2023年03月発売 1/35 ARTPLA キュスター 特別カラーVer.(2機セット)
 2023年10月発売 1/35 ARTPLA ヒューマノイド型無人邀撃機グローサーフント(3機セット) 通常カラーVer.
 2023年10月発売 1/35 ARTPLA ヒューマノイド型無人邀撃機グローサーフント(3機セット) 特別カラーVer.
 2023年10月発売 1/35 ARTPLA すけてんねん キュスター シャンパンクリアーVer.[限定品]
 2024年02月発売予定 1/35 ARTPLA P.K.A.(3機セット)『P.K.エイプ』
 2024年02月発売予定 1/35 ARTPLA P.K.A.(3機セット)『ブレーメンP.K.A.』
 2024年03月発売予定 1/35 ARTPLA DO-YANEN H.A.F.S. グラジエーター[後期量産型](2機セット)通常版
 2024年03月発売予定 1/35 ARTPLA DO-YANEN H.A.F.S. グラジエーター[後期量産型](2機セット)海洋堂直営店限定

●レジンキット

2022年03月現在一般版権レジンキットが各種発売中である。

 tonerico
 レインボウエッグ
 BRICKWORKS (facebook)
 D3-works
 LOVE LOVE GARDEN
 HEXAMODEL
 TENBOWKISSA
 2882MODELING
 HONEMITS PRODUCTS
 誠MODELS
 PINKTANK
 FutchFACTOR
 Workers Holiday Project(facebook)



●完成品トイ

 メディコム・トイトイズマッコイ
  2009年11月発売 : 1/6 SAFS (オープンプライス 全世界限定600個)
  2011年xx月発売 : 1/6 S.A.F.S. SNOWMAN
  
 千値練(SEN-TI-NEL)
  2011年06月発売 : 1/16 Fireball アクションモデル スカル迷彩ver.
  2011年08月発売 : 1/16 Fireball アクションモデル 限定無彩色ver.
  2012年03月発売 : 1/16 Fireball アクションモデル Basic Paint ver.
  2013年02月発売 : 1/16 S.A.F.S. アクションモデル
  2013年03月発売 : 1/16 S.A.F.S. スノーマン アクションモデル
  2014年03月発売 : 1/16 KAUZ カウツ アクションモデル
  2014年05月発売 : 1/16 FLIEGE フリーゲ アクションモデル
  2014年07月発売 : よつばと!マシーネンダンボー #001 S.A.F.S.
  2014年07月発売 : よつばと!マシーネンダンボー #002 Ma.K.BOX
  2014年07月発売 : よつばと!マシーネンダンボー #003 BANANA BOX
  2015年01月発売 : よつばと!マシーネンダンボー #004 ノーマル(よつばセット)
  2015年02月発売 : よつばと!マシーネンダンボー #005 スノーマン(よつばセット)
  2015年02月発売 : よつばと!マシーネンダンボー #006 サフス ラブ

 マックスファクトリーGOOD SMILE ONLINE SHOP: 
  2013年08月発売 : 1/20 S.A.F.S&パイロット オリジナルキャスティングスタチュー

 (株)WAVE 塗装済完成品モデル / 核誠治造
  2018年12月発売 : 1/16 ルナガンス
  2020年04月発売 : 1/16 ルナガンス(限定版 ウェザリング塗装Ver.)
  2021年12月発売 : 1/16 グスタフ
  2023年12月発売 : 1/16 完成品 クレーテ(キュスター)

 POP MART
  2023年発売 : THE MONSTERS × 横山 宏 Ma.K. シリーズ

 ベネリック
  2023年12月発売 : ケローネン(カプセルトイ)


●各種素材等

 「.too」製 セーブル長峰No.1
 (Ma.Kペインティングセット(絶版)に同梱されていた通称『一番筆(エロ筆)』)


●Tシャツ・トートバッグ・キャップ・PINバッジ・ハンカチ

 (株)ビーエー提供の 『コレクティブストア』にて
 マシーネンクリーガーTシャツ が販売中である。

 S3Z(facebook) にて トートバック・Tシャツが発売中である。

 コスパにてマシーネンクリーガーTシャツが発売中である。

 (株)海洋堂にて Ma.k. pins vol.1 が発売中である。

 H TOKYO にて Ma.K.ハンカチ が発売中である。


●各種書籍

現在下記のような横山宏氏著の各種書籍が発売中である。


マシーネンクリーガー〈Vol.1〉クロニクル&エンサイクロペディアマシーネンクリーガー〈Vol.1〉クロニクル&エンサイクロペディア
横山 宏

大日本絵画 2003-09
売り上げランキング : 116870
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マシーネンクリーガー〈Vol.2〉クロニクル&エンサイクロペディアマシーネンクリーガー〈Vol.2〉クロニクル&エンサイクロペディア
横山 宏

大日本絵画 2005-03
売り上げランキング : 74239
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マシーネン・クリーガー・イン・アクション・バンドデシネマシーネン・クリーガー・イン・アクション・バンドデシネ
横山 宏

大日本絵画 2005-09
売り上げランキング : 64425
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



横山宏 Ma.K.スケッチブック〈vol.1〉横山宏 Ma.K.スケッチブック〈vol.1〉
横山 宏

大日本絵画 2006-02
売り上げランキング : 71192
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



横山宏Ma.K.モデリングブック横山宏Ma.K.モデリングブック
横山 宏

大日本絵画 2006-12
売り上げランキング : 1247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マシーネンクリーガー・プロファイル〈1〉ファルケマシーネンクリーガー・プロファイル〈1〉ファルケ
横山 宏

大日本絵画 2009-04
売り上げランキング : 380
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マシーネンクリーガー・プロファイル〈2〉スネークアイマシーネンクリーガー・プロファイル〈2〉スネークアイ

大日本絵画 2009-10
売り上げランキング : 3872
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


SF3Dオリジナル[復刻版]SF3Dオリジナル[復刻版]

ホビージャパン 2010-05
売り上げランキング : 2460
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


SF3DクロニクルズSF3Dクロニクルズ

ホビージャパン 2010-08-31
売り上げランキング : 718
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マシーネンクリーガーグラフィックス Vol.2
価格:4,070円(税込、送料別) (2024/1/12時点)










[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ma.K. in SF3D ARCHIVE 2010.3-2011.2 vol.1
価格:3,410円(税込、送料無料) (2024/1/7時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ma.K. in SF3D ARCHIVE 2011.3-2012.4 vol.2
価格:3,410円(税込、送料無料) (2024/1/7時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ma.K. in SF3D ARCHIVE 2012.5-2013.4 vol.3
価格:3,520円(税込、送料無料) (2024/1/7時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ma.K. in SF3D ARCHIVE Special 2013.7-2015.12 vol.4
価格:7,700円(税込、送料無料) (2024/1/7時点)




Maschinen Kriegerに関する著作権は全て横山宏氏に帰属します。
Ma.K. Copyright Kow Yokoyama All Rights Reserved.




  BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!
-- 続きを読む --

category: その他情報

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - janre: 趣味・実用

tag: マシーネンクリーガー  横山宏  Ma.K  mak  SF3D  sf3d  マシーネン 

ちょっと待ての納屋完成! 

こんにちは、おじさんです。

シュトルムケーファーとグローサーフントが出来たので、

1/35マシーネンジオラマを作ろう!と地道に取り組むことにしました。

建物が欲しかったのですが、イチから自作するのはしんどいので、

yahooオークションでキットを探すと、

ちょうど良さそうな、ミニアート社製の納屋があったのでGETしました。


1/35:ヨーロッパの納屋:

ヨーロッパの納屋

キットは、バキュームフォーム製でした。

全部組み立てると思った以上に大きいので、

ベースの端に建てる想定で、キットを半分斜めにカットすることにしました。


壁面処理やら:
ヨーロッパの納屋

斜めカットは思った以上に大変で、

斜めにカット板を取り付けるのが苦労しました。

また雨どいが、キットのパーツでは太いので、

プラパイプや薄いプラ板など使って自作しました。

壁面は、漆喰が古びた様子を再現するのに、

タミヤパテをランダムに塗ってから、ケガキ針で、

ひび割れなども表現しました。


無事に完成!:
ヨーロッパの納屋

ヨーロッパの納屋

漆喰の表面は、ラッカー白下塗りをシリコンバリアで保護した後に、

タミヤアクリルの白+ダークイエロー暗めで上塗りして、塗装はがし。

さらにシリコンバリアで、白+ダークイエロー微量で上塗りし、もう1度塗装はがし。

仕上げに、ウエザリングカラーの茶・黒などで表情を付けて、

最後にタミヤエナメルでコケ表現を。

レンガや屋根は、ラッカー茶色をベースに地道に筆塗りしました。

レンガの漆喰は、タミヤエナメル白にタバコライオンを溶かしたものを

全体に塗って、綿棒でふき取りました。



『ちょっと待て!』
IMG_2468ss.jpg

今回のジオラマの主人公になりそうなメルジーネさんも出来ました。

壁の向こうをうかがっているのが、ポーズだけで表現なので、

上手く伝わるかしらん。。



  BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: 1/35シュトルムケーファー

走れグロサーフント! 

こんばんは、おじさんです。


毎日プラモデルに触るのが日常になってきました。

昨年まで全く作っていなかったので、大違いな毎日です。

海洋堂1/35グローサーフントが出来上がりましたので公開です。


キットの組み立て:
1/35グローサーフント

シュトルムケーファーとのジオラマを狙っています。

ただ並んでいるだけではつまらないので、

走り出しているシーンを想定しました。

各関節を切り離して、0.8mm真鍮線でつなげています。

ついでにアゴのガードも0.8mm真鍮線で作り直しました。

一回り細くなって精悍な顔になります。


基本塗装:
1/35グローサーフント

ダークイエローをメインに、黒を入れたものと、白を入れたものの

3階調で塗りました。

胸パーツの黒を先に塗っておくのは、1/20グローサーフントの反省から。


基本塗装完了:
1/35グローサーフント

グレーの迷彩と、黄色の識別帯を入れたところ。

グレーの迷彩も3階調で塗装しました。

黄色の識別帯は、マスキングして塗りました。

が、マスキングはおすすめしないです。

胴体全体をマスキングで覆う必要があるのですが、

腕やら足の真鍮線でつなげたパーツが取れたり、

肩のアーマーが折れたり散々な目に会いました。。汗



アップ写真:
1/35グローサーフント

細部塗装を行ってから、ウエザリングで仕上げました。

ジオラマにするので、まだ泥汚れはやっていません。

頭部のメインカメラは、HJの横山先生の記事の通り、

黒の上からクリアを塗ってみましたが、

なかなか透明感があって良い感じです。

1/35グローサーフント

ウエザリングは、エナメルジャーマングレーのスポンジチッピング、

油絵具の、ドッティング、

ウエザリングカラーの茶系でウオッシングです。

この汚し方は、大分慣れて来ました。

ところが!

この海洋堂のグローサーフントのキット、デカールの貼る場所の

説明が無い!

デカールの注意書きは毎キット楽しみにしているので、

ここはきちんと貼っておきたいところ。

1/20のハセガワグローサーフントの塗装説明と現物を見ながら、

真似して貼ってみました。


記念写真;

1/35グローサーフント

1/35グローサーフント

1/35グローサーフント

1/35グローサーフント


その後、今日は、ジオラマの脇役の、1/35ハセガワメルジーネに

取り掛かりました。

ジオラマのメインはシュトルムケーファーnするつもりが、

このグローサーフントになりそうです。

ジオラマのベースには時間をかけてじっくり取り組みたいです。

ときどきブログアップして、モチベーションを上げて、

地道にやっていけるといいなー。。

  BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: 1/35シュトルムケーファー

シュトルムケーファーGO! 

こんにちは、おじさんです。

毎日時間を作ってはマシーネンを作っている今日この頃。

1/35つながりで、海洋堂のドーヤネン:1/35シュトルムケーファーが出来ました!

珍しく、塗装中の写真を撮っていたので、途中から。。


基本塗装完了:
シュトルムケーファー

シュトルムケーファーのイメージはやはりダークイエロー系。

今回はグレーとの2色迷彩にしてみました。

ラッカー筆塗り、基本色を3階調くらい塗っています。


識別帯と車載品:
シュトルムケーファー

識別帯はオレンジとしました。

ここだけマスキングしてエアブラシしています。

1/35なので、ちょうど中戦車と同じくらいの大きさ。

なので、車載品を載せて戦車っぽくしてみました。

ロープのためのフックを真鍮線0.5mmで追加工作しました。

車載品はタミヤの現代米軍装備品セットから。

布カバーは、毎度おなじみのティッシュとマスキングテープです。


ドッティング?:
シュトルムケーファー

基本塗装を複数色塗っているので、

あまり効果は無いのですが、デザートイエロー・識別帯に

白と黄色、グレー部分に青のドッティング。

識別帯のエアブラシ感が全体に馴染んでくれました。

それから、前部のライトらしきところをライトとして、

ライトカバーを真鍮線0.3mmで追加工作しました。


完成写真:

シュトルムケーファー

シュトルムケーファー

シュトルムケーファー

シュトルムケーファー

その後、タミヤエナメルのジャーマングレーで、

スポンジでのチッピング。今回チッピングは派手目に。

その後、ウエザリングカラーの茶色とデザートでウオッシング。

足元の爪に鉛筆でのメタリック表現。

足元中心に、ウエザリングペーストのデザート系で土汚れ。

などなどやりまして、いったん完成としました。


足4本を同じ部品を組み立てなくてはならずで、

工作途中だったものを今回一気に仕上げました。

仕上げてみると、なかなかかっちょええメカですね。

だけど組みやすさ重視のため、キャノピーが分厚いのが難点。

パイロットも下に沈んで良く見えません。

前部のキャノピーは、プラバンで作って、パイロットの座る位置を

調整した方が良さそうです。(大変そうだけど。。汗)



これも1/35なのでジオラマにしたいのだけど、コクピット閉めたままで

接着しちゃったので、どういうシチュエーションがいいか悩み中。。


それから、写真撮っている間に、脚の関節が2本ほど折れました。。

エナメルが強かったでしょうか。。真鍮線で復活させなきゃ。

ではまた。(^^)/

  BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: 1/35シュトルムケーファー

クレーテ参戦! 

こんにちは、おじさんです。

正月から頑張って来ました、クレーテの作成ですが、

無事にケッツァーとのジオラマとして完成出来ました!

題して『Kröte has joined us』:クレーテがやってきた!


クレーテジオラマ:

クレーテジオラマ

PKAのパイロットおじさんを青制服で作って

ケッツァーのパイロットと会話させるシチュエーション。

ケッツァーは何やら整備中で、整備兵をキューベルワーゲンセットから。


クレーテ15番:
クレーテジオラマ

その後、クレーテは、

グレーの筆塗りのチッピング、油絵具の白・黄色のピンウオッシュ、

さらにウエザリングカラーでの汚し、

さらにベース完成後は、MIGピグメントで土となじませました。


ケッツァー整備中:
クレーテジオラマ

米軍装備品セットから、何やらポンプ車をセット。

一応電力チャージのつもりです。。汗

工具箱や雑納なんかもセット。


パイロットおじさん(青):
クレーテジオラマ

ここにいない、PKAのパイロットのつもりで、

パイロット兵青を、クレーテとのつなぎにレイアウト。

パイロットヘルメットをエポパテで、ケッツァーヘルメットに合わせました。


PKA ausf.K-4ケッツァー:

クレーテジオラマ

ケッツァーは、青パイロットと会話しているために、

ハッチをオープンにしました。ヒンジはジェリカン部品から。

ベースは、アートボックスの『アドバンスドグランドワークス』を読んで

作り方解説にしたがって、作ってみました。

ベースは粘土ではなくスタイロフォームと壁補修材を使っています。

草は、「グリーンスタッフワールド」の細い繊維を束にして

木工用ボンドで固定しています。

最新のウエザリングペースト等も使ってみて、

大分使い方が分かった感じです。

次回はもう少しスムーズに作業出来そうです。



とりあえず、念願だったマシーネンのジオラマが初完成です!

(今まではビネット風まででジオラマは初作品かなと。。)

粗いところもあるけど、まずは満足満足。

1/35はジオラマが作り易くていいですね。

さて次いかないと、

グローサーフントも届いてしまって大変大変。。 (^^)/

  BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: 1/35クレーテジオラマ

ましーねん布教!

プロフィール

カテゴリー

最近の記事+コメント

リンク集

来てくれてありがと(^o^)

月別アーカイブ

ブログ内検索

ましねおじさんにメルする