ましねおじさんのいろいろ

マシーネンクリーガーを応援しているおじさんの日常。

 

関東展示会もいよいよ明日! 

関東展示会


関西に引き続き、

第3回関東Ma.K.模型展示会』 が


 いよいよ明日開催!



場所:新宿区立文化センター(展示室2)
日時:11月28日(土)
   13:00~19:00
入場:無料

みどころ:
 ○エントリー部門多数!
  ・Ma.K.オリジナル部門
  ・マイオリジナル部門
  ・ラプターペイントコンペ
  ・ジオラマコンペ
  ・Ma.K.in WAR模型写真部門
  ・グラフィックフリー部門
 ○コンペには多分みんなで投票!(投票〆切17:00)
 ○MG情報によると横山先生もエントリー!?
   (マイオリジナル部門だと笑える。。。)
 ○伊原源蔵さんによる塗装実演講座開催!
  (今年は合宿みたいな感じ?事前エントリーが必要)
 ○恒例のOFF会をたかはしさんが主催!



また横山先生がぶらりと来てくれるかも知れませんね。(^^)

その他あまりアナウンスはありませんが、
展示会スタッフによる隠し球多数あるのでは無いでしょうか??


東京近郊の方は迷わず新宿へGO!

 (^^)v

category: 関東展示会2006

tag: 展示会  マシーネン  関東  横山先生  Ma.K 

関東展示会よりMaKinWAR部門 

またまた関東展示会よりご紹介です。


マシーネンの模型を使って「戦場写真」を作ろう!

という企画:『Ma.K in WAR』部門!

想像以上の力作が展示されていました。



では向かって右側から(奥側から)

順番に作品をご紹介致しましょう。





こんたさん作 「前線にて」:

前線にて


 「タイトルを考えた時点でまだ画像は用意出来てませんでした。
  写真がぶわーっと並ぶのを想像していたんですが・・・(笑)」



緊迫感溢れる写真です。

まさに「前線にて」って感じですね。

敢えて白黒というのも雰囲気倍増!

確かに、「ぶわーっと」という程には

作品の数はありませんでしたが、

どれも「戦場写真」で非常に濃度の濃い空間でした。





Kenzさん作 「NUTROCKER」:

NUTROCKER


 「昔見たビデオのアレをイメージしてみました。」




昔のビデオというのは1985年?円谷製作ビクター発売の

「SF3D ORIGINAL NUTROCKER」ですね。

この間久しぶりにビデオを見直しました。

先生の監修が入っていないので、

かなりSAFSはいけてないのですが、

ナッツロッカーは不気味さがなかなかいい感じでした。

この写真はビデオよりも「男前」なナッツですよね。

赤い空がビデオの雰囲気を醸し出します。







simさん作 「Rally Game」:

Rally Game


 「レーザー兵器全盛のMa.kの中にあって
  ローテクなクレーテらしい場面を作ってみました。」


夜戦でしょうか?

クレーテの機関砲が目映いばかりに夜闇を照らしています。

そんな砲火に浮かぶクレーテの鎖。

冷徹な無人兵器を象徴するようなシーン。

今にも発射音が聞こえてきそうな作品です。







チャーリーさん作 「SG at moon」

SG at moon



月面サポートビークルに乗るFireBallSG2機。

無音の世界に月の砂塵を巻き上げます。

目指すは自陣の基地か、シュトラールの基地か?

はたまたケルベロスか。。。

ビークルの車輪が非常にすばらしいです。

さらにSG本体のうねうね迷彩が気になる~。。。










高沢夕季&伊藤源蔵さん作 「Fortschritt」

Fotshritt


 「フリーゲのバイザー越しからの視界を再現してみました。
  ここから様々なストーリーを感じてもらえたらうれしいです。
  タイトルの「Fortschritt」は独語で「進行」と言う意味です。」



ばりばり「進行」してますっ!

前方に月が見えないので、目指すはバナナボート襲撃か??

バイザーに自身が写り込んでいるのが秀逸!

なんか今にも呼吸音と無線通信が聞こえて来そうです。

このフリーゲ2機は何を話しているのでしょうか??

『ゲードライ、俺たちは左下から行くぞ!』

 (ふぉー)

『ラジャー、ゲーツヴァイ』

 (つー、ふぉー。。。)








以上、『Ma.K in War』部門のご紹介でした。

どれも手間暇かけた、力作揃いですね。

何か1回限りの展示というのはもったいない気がします。

毎回蓄積して、「ずらーっと」を表現していくのも

面白いかも知れませんね。


 (^^)




ましーねん布教のためブログランキングに参加中!ぽちり→ぽちっとボタン①



category: 関東展示会2006

tag: マシーネン  Ma.K  関東展示会  展示会  WAR 

Ma.Kモデリングブック特別展示 

「Ma.Kモデリングブック」の発売を記念して、

  Ma.K.モデリングブック






12月2日から1週間の予定で行われている

秋葉原の「海洋堂ホビーロビー東京」の

「Ma.Kモデリングブック」発売記念特別展示の様子を




  激写




してきましたので、

今回は、大型写真サムネイル表示でお届け致します!

(各画像をクリックしてね。(^^)




モデリングブックに載った数々の模型の現物展示!

そして、ヨ式工作道具の現物展示! でした。




全部ではないのですが、

ごゆるりとお楽しみ下さい。 (^^)







U.D.K.38 Schenkel
シェンケル
制作/横山宏、斎藤ヒール:
シェンケル


○25年前にスクラッチビルドで制作されたシェンケルに使われた
流用パーツを解析し、完全コピーで制作された斎藤氏のシェンケルを
横山氏が迷彩塗装を施した。2色迷彩の色の選び方、考え方、汚れ表現
の方法、コピックを使用した様子まで克明に本書に収録されている。





Strum Käfer
シュトラール軍多足重装甲戦闘スーツ
シュトルム・ケーファー
制作/横山宏
シュトルムケーファー


○「ワンダーフェスティバル2005[夏]」にて
ラインセンスニューウィーヴにて販売されたガレージキットを制作。






Kröte
シュトラール軍無人2足歩行戦車クレーテ
制作/横山宏、齋藤仁孝
クレーテ&ガンス


○ワンダーフェスティバルで販売された1/35ガレージキットを制作し、
フィギュアを製作し、ビネット仕立てに。





Königs-Kröte
シュトラール軍大型無人装甲戦闘指揮車輛ケーニヒス・クレーテ
製作/横山宏
ケーニッヒスクレーテ


○「ワンダーフェスティバル2005[冬]」にて
ライセンスニューウィーヴにて販売されたガレージキットを制作。
フィギュアはファインモールドの1/35ドイツ兵を使用






Luna Diver
ルナダイバー
製作/横山宏
ルナダイバー


○ワンダーフェスティバルで販売されたガレージキットを
モデルグラフィックス誌の作例にしあげていたものを、再塗装。
その際に、一度仕上げられていた模型をどう再度塗装するかを
本書では言及している。
”3年塗り”と称するこの方法は明度差、彩度差を意識した塗り方。






P.K.A. ausf M Melsine
シュトラール軍装甲戦闘強化スーツ メルジーネ
製作/横山宏
メルジーネ


○「MaKクロニクル&エンサイクロペディア2」収録の作品を
本書への収録用に改造し再塗装。
6年越しの作業のため、『6年塗り』と命名







Großer Hund
シュトラール軍
無人ヒューマノイド型邀撃(ようげき)機グローサーフント
製作/横山宏
グローサーフント


○「ワンダーフェスティバル2005[夏]」にて
ライセンスニューウィーヴにて販売されたガレージキットを製作。







Salvage Frigate
傭兵軍高速回収船
製作/横山宏、奥田吉正
傭兵軍高速回収船


○以前モデルグラフィックスの作例としてフルスクラッチビルドされた
宇宙船を題材に、本書では”サンダーバード塗り”を敢行。
エアブラシの使い方から、使用する塗料の色、濃度、吹き方のコツと
テクニックそして、コピックを併用した仕上げ方など
細かく収録されている。






P.K.A. ausf N1 Nixe
シュトラール軍装甲戦闘強化スーツ 陸戦フリーゲ
製作/横山宏、伊藤源蔵
陸戦フリーゲ


○本書の為に作りおこされたMaK新作スーツ。
メルジーネのラインを引き継ぎながらフリーゲとしてデザイン。
伊藤氏との共同製作過程も詳しく収録。







"YO-Shiki":Yokoyama way construction tools
ヨ式工作道具の数々
ヨ式工作道具の数々


面相グリップ・自作スパチュラ・自作ニードル等々。。。

(実は写真の一番奥のものが、、、す、すごいっ! (^_^;






如何でしたでしょうか?

「Ma.K.モデリングブック」の中にも多数の写真がありますので、

この続きは是非本を手にとってご覧下さい。


 (^^)v





ましーねん布教のためブログランキングに参加中!ぽちり→ぽちっとボタン①






category: 模型本発売記念

tag: マシーネン  Ma.K  モデリングブック  横山宏 

グローサーフント通販決定! 

みなさん、横山宏著「Ma.Kモデリングブック」は

無事にGET出来たでしょうか?


巻頭で、せんせは RainbowEggさん のグローサーフントを

かっちょよく作ってくれています。

この章の最後に、ご丁寧にもグローサーフントの入手方法

というのをせんせが書いています。

 ①KATOOOさんに頼んでみる。そしてWFに行ってみる。

 ②自分で造り倒す!

 ③お勧めしないけどオークションを漁る!

 ④プラモデル化されるまで待つ!




 オーマイガーっ!



 何と理不尽な。。。






と思って、昨日の忘年会でKATOOOさんに聞いてみると、

何と今回に限って再販するとのこと!


イメージ写真:

グローサーフント


 (KATOOOさんのページより転載)




今回、掲載を機にメール申し込みの受注生産をしてくれるとのこと!


 詳細は こちら


(今回は模型本のヘッドのコンバージョンパーツ入りだそうです。)


さらにKATOOOさんにお話を聞くと、

「今回が私のキットはほんとに最後の再販ですから」

とのこと。。。





 あ”-、お年玉(前借り)が欲しい!!







それで、海外のファンにも行き渡るように、

差し出がましくも、私ましねおじさんが、

海外発送をお手伝いすることになりました。

海外の方は私までお問い合わせ下さい。




I'll correspond overseas shipment order,

Please refer this page.

and you have any questions please ask me with mail!

well I already got many order mail,

but the acceptance of order is after 10th Dec,

so please wait for a while!





国内・海外ともにマシーネンが盛り上がるといいですね~


 (^^)/






ましーねん布教のためブログランキングに参加中!ぽちり→ぽちっとボタン①


category: 通信販売情報

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - janre: 趣味・実用

tag: Ma.K  モデリングブック  グローサーフント  横山宏 

マシーネンクリーガーとは 

INFORMATION=BOOK




What’s MA.K.

    

 現在より37年(※1)も昔をさかのぼる。
 当時、プラモデルをいかにカッコよく造れるかがステータスだった
少年たちにとって、月刊模型誌のホビージャパン(以下HJ)に掲載
されていた作例は、かぎりない憧憬の対象だった。
 1982年HJ誌5月号。イラストレーターであり、モデラーでもある
横山宏氏の作例が紹介された。
 タカラより発売されていた「ミクロマン」という1/20の可動人形を
素材とするパワードスーツ(AFS)だった。

 横山氏のデザインによるパワードスーツは圧倒的な読書の支持を得、
HJも横山氏自身も一回だけの企画だと考えていた作例は、
毎月の連載となった。
 横山氏がデザインし立体化化するオリジナルモデルから、
当時HJ誌の編集部員だった市村弘氏が背景となるストーリーを生んだ。
 「SF3Dオリジナル」という名の連載は、デザイン、造形物、
背景世界の三つを柱に、HJの読者を魅了していった。
 回を重ねるごとに熱狂は高まり、ついに日東科学
(現在の日東科学教材)によるプラモデル製品化にまで達したが、
市村氏のHJ退社を機に、連載は大きく変質し、企画先導型の平凡な
造形記事となった。
 そして、1985年12月号。唐突に連載終了が告げられた。祭りの火が
消えてしまった瞬間だった・・・


1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!



-- 続きを読む --

category: その他情報

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - janre: 趣味・実用

tag: マシーネンクリーガー  横山宏  Ma.K  mak  SF3D  sf3d  マシーネン 

ましーねん布教!

プロフィール

カテゴリー

最近の記事+コメント

リンク集

来てくれてありがと(^o^)

月別アーカイブ

ブログ内検索

ましねおじさんにメルする