ましねおじさんのいろいろ

マシーネンクリーガーを応援しているおじさんの日常。

 

KOARAさんオリジナル投稿 

10000HITのKOARAさんが、

超かっちょええ!

「マイオリジナルマシーネン」を

投稿してくれましたーっ! (^^)




シュトラール軍 高軌道歩行偵察機:KUKEN

KUKENイメージ






いや~、渋い塗り上がりと相まって、

超かっちょええ歩行兵器になっております。

KUKENというのは「ひよこ」という意味だそうです。


前から:

KUKEN前から



右サイド:

KUKEN右から



後ろ側:

KUKEN後ろから



PKA的なコクピットを、

ゴブリンのように1人乗り歩行兵器化!

しかも両サイドには、何気に強そうな

武装もしっかり装備!

エンジン回りも雰囲気ばっちり~



KOARAさんには、「俺設定」を

無理言って書いてもらっちゃいました。 (^^)



KUKEN:デベロップメント:

 グライフの開発後シュトラール軍はより高速移動がで可能な

 2足歩行兵器の開発を検討していた。従来のクレーテなどの

 兵器はそのほとんどが油圧シャフト式がでありより高速

 に稼動できる駆動機構が課題となっていた。シュトラール軍はその

 検討の結果、駆動系に電磁石を主としたリニア式の開発に

 成功した。この技術により従来の油圧式よりより高速かつ

 生物的に近い動きに可能となった。しかし、従来の無人式とは違い

 その高速な動きからAI開発が遅れてしまい有人による操作系を

 余儀なくされた。そのことからその高速移動が可能なように

 グライフよりコンパクトにデザインが変更された。

 変更の結果その形があまりにもひよこに似ていたため名前を

 KUKEN(ひよこ)呼ばれるようになった。

 開発当初は腕などを設置する予定だったが

 高速移動と攻撃性を兼ね備えるためグロサーフントに使われている

 レーザーを採用した。

 そしてもう片方は各種用途に対応してスモークデリンジャー

 ミサイルポッド等が設置できるようアタッチメント式を採用した。

 また、後方には補助バーニアを設置し

 ジャンプ移動ができるよう工夫された。

 KUKENは総生産量は90台程度、地上用、宇宙用に使用された。








クレーテやメルジーネなんかと一緒に

ばりばりと活動するのでしょうか??

何か想像するだけでわくわくしちゃいますよね~

 (<病気??  (^_^; )




これで、KOARA家駐屯中の

シュトラール軍かぼちゃ部隊も随分と装備が充実!

いや~、一堂に会したところも

見てみたいですね~


また、次回作の投稿をお待ちしておりま~す


 (^^)



ましーねん布教のためブログランキングに参加中!ぽちり→ぽちっとボタン①


category: マシーネン投稿

完成?萌えポーン!(^^) 

さてさて、

昨年末に、「ぱち組み」した、

娘2号作のルナポーンが、

一応??完成した(?)ようなので、





 皆さんに大公開!







 これが女子中学生作、萌えポーンだっ!









娘2号作ルナポーン:

萌えポーン



はい。「ぱち組み」のまま塗装??してあります。

今回プラモデルを作る・塗るというは初めて。

しかもピンクに塗りたい!

などという難しいことを言う!

なので、コピックを渡しました。

コピックのピンクでぐりぐり。

紫や茶色で、汚し塗装です。 (^^)




右前から:

右前から



左前から:

左前から



右うしろから:

右うしろから



左うしろから:

左うしろから




はい。どこから見ても、

スーパーヘビーウエザリング?? なのか??

本人は左腕の、

黄色識別帯がポイント!

と言っております。。。



各種デカールも、手伝ってあげましたが、

一応自分で貼りました。




という訳で、皆さんの芸術的なルナポンとは

かなり趣きが違いますが、

こんなルナポンもアリかな??

と、娘2号の喜びようを見ていて思います。




やっぱり、プラモは自分で作って

完成する喜びですよね~。。。




これって、展示会に参加してもいいのかな~???


 (^_^;




が、完成後数日経って、

皆さんのかっちょええルナポンを

見ていると、不満が出てきたようです。。。



仕方ないな~。。。

今度エアブラシで一緒に塗り直すか~。。。



 (^_^;





ましーねん布教のためブログランキングに参加中!ぽちり→ぽちっとボタン①






category: マシーネン投稿

初海外投稿!GANS! 

マシーネン英語フォーラムより、

初の海外からの投稿ですっ!


(実はあまりにかっちょええので、

 ましねおじさんが無理言って、

 掲載許可をもらいました。 (^^) )



初海外作品は、オーストラリアからです!

いや~、世界は身近になりましたね~



 Paul Ryallさんの、


 超かっちょええGANS!:



Ryally’sgans




どうです?このGANS?

もう、素晴らしい雰囲気で、感動!


  (;;)ウルウル



 

という訳で、Paulさんに、

どういう塗り方をしたのか聞いてみましたー。 (^^)


 ① タミヤのグレープライマーで下地塗装

 ② ハンブロールのメタルコートでボディ全体を筆塗り

 ③ メタルコートを残したい胴体部分を「マスコール」でマスキング

 ④ ボディ全体を「モデルマスター」のライトグレーと
   中間色の青でカモフラージュ塗装

 ⑤ タミヤのフラットホワイトで全体を明るくスプレー塗装

 ⑥ 赤褐色と暗褐色や黄色でウオッシング&オイル汚れ塗装

 ⑦ 銀やメタルカラーでところどころドライブラシ塗装



という訳で、日本の多くの方と

あまり大きくは違わない

オーソドックスなやり方でしょうか??



この渋みは、やっぱり模型歴23年という

Paulさんの熟練のなせる技でしょうか?



こちらのページ にさらにいくつかの写真があります。


ポールさんへの感想コメントを

是非当ブログコメントへお寄せ下さい


つたない英語ですが、頑張って英訳して

ポールさんにお送りしたいと思いま~す


どうぞ宜しくお願い致しま~す。

 m(__)m



これからも、海外の熱いファンからも

どしどし投稿してもらいますので、

どうぞよろしくお願いいたしま~す


 (^^)v


ましーねん布教のためブログランキングに参加中!ぽちり→ぽちっとボタン①


category: マシーネン投稿

ザクさんオリジナル投稿!(^^)v 

突撃マシーネン若者の、

ザクさんが、


  すごいオリジナルマシーネン を


投稿してくれましたーっ!



シュトラール軍

大型無人戦闘指揮AI実験機:シュタイフェル



STIEFELメイン



いや~、かっちょええですねー。

ジレーネのような迷彩もばっちりキまってます!

頭部はノイスポッターからの改造。

胴体は、ナッツロッカーをベースに

大幅に大型化のオリジナル工作がされています。



では、大型写真サムネイル表示で

各方向から、どうぞ~


左前から:

STIEFELメインラージ



左サイド:

STIEFEL左サイド



前から:

STIEFEL前から




後ろから:

STIEFEL後ろから



1/20ラプター実験機と一緒:

STIEFEL比較




さてさて、ザクさんには、

超気合いが入った、「俺設定」を

書いてもらっちゃいました。

まずは、これ、読んでみて下さい。 (^^)


デプロップメント

 紛争の長期化を想定した兵器体系をとってきたシュトラール軍は、
 ノイスポッターに搭載されたアストライア級AIをはじまりとして、
 プロメテウス、ヘルメスを開発し、
 それらを搭載した無人兵器を回収後、
 その膨大な戦闘記録を集約したゼウス級AIの開発を
 ボムフォル・チオネル社と共同で成功させた。
 駐屯地、野戦整備基地などの兵站基地を無人化し、
 それを基盤とした無人兵器を指揮系統とする戦闘団を編成する
 第3期計画はゼウス級の開発で大きく推進され、
 大型無人戦闘指揮車両ケーニッヒス・クレーテの開発を待って、
 投入されることとなった。
 一方、先んじて開発されたゼウス級AIの戦場実験のための
 テスト機開発が決定される。
 ケーニッヒスの就役も近い中で現行のホバー車両の形態を
 とることとし、ケーニッヒスと同様の複合装甲を使用。
 さらに開発期間の短縮として、無人偵察機ガンスのように
 ノイスポッターと同様のセンサーユニットを採用し、
 武装には多弾頭パンツァーシュレックを左右に3門、
 大型化されたセンサーユニット内にクレーテなどと同様の
 MG515を搭載した。
 こうして完成した機体はシュタイフェル(長靴の意)と命名され、
 4番機までが制作された。



コンバットサービス

 AIの戦闘情報の収集が急務とされ、
 開発から数日を待たずして1番機のAIには
 「マレーネ」の名称が与えられ、
 北米のゲッツェン・コーテンに降下、
 2番機「ディートリッヒ」はヨーロッパのバルカン半島に降下した。
 月面にも3番機が配備されたとされるが事実関係は不明である。
 同地で指揮系統に編入されたシュタイフェル2機は
 現地で無人兵器のみの戦闘団を編成し、
 傭兵軍への強襲攻撃へと出撃した。
 北米での戦場実験作戦を「レーステン演習作戦」
 バルカン半島を「シュップツェン演習作戦」と呼称する。
 2機とも無人部隊を的確に指揮し、
 傭兵軍前線へ大打撃を与えることに成功するが、
 「マレーネ」は傭兵軍指揮所の攻撃を行った際に、
 敵連隊を行動不能にする損害を与えたものの、
 敵挺身隊による攻撃で大破し後退している。

 「ディートリッヒ」はバルカン半島の樹林帯で
 傭兵軍への攻撃を指揮し、
 機甲重砲大隊までもその指揮下に置き、
 前線の突破こそ為しえなかったものの、
 4個装甲猟兵大隊と1個装甲師団を釘付けにし、
 敵軍への包囲網形成まで戦闘を続けた。
 「ディートリッヒ」はその後テスト機の役目を終え、
 ロシア地域に存在すると言われる傭兵軍の大規模兵器廠の
 制圧を目的とした「カルテン・ウェター作戦」に投入され、
 師団規模の無人兵器を指揮したが、
 同作戦の終盤にAIに支障をきたし
 指揮下の無人部隊とともに最前線で消失した。

 同時期に欧州で行われた「ノイバウテン演習作戦」における、
 ケーニッヒス・クレーテ「トマス」の
 一連の事件との関連は不明である。
 しかし、作戦後にシュトラール軍の特務部隊が
 ウラル山脈にある旧世紀の兵器廠へ捜索を行い、
 何者かと交戦している。



いや~、これを読むとですねー、

ザクさんのマシーネンへの

並々ならぬ熱い想いが伝わって来ますよね~。



そして、設定を読み終わった後に、

再度シュタイフェルの写真を見ると、

「なるほど~」と感嘆のため息が出てしまう。。。



ザクさんは次なるオリジナルに挑戦中のようです。

次回作も完成したら投稿して下さいね~



おっと、その前に、

学生さんは、

「学年末期末テスト」 (^_^; ちゃんとやるように。


 (^^)/


ましーねん布教のためブログランキングに参加中!ぽちり→ぽちっとボタン①


category: マシーネン投稿

マシーネン投稿!RAPOON! 

またまた、KOARAさんが

超すごいものを投稿してくれましたーっ! (^^)

まずは、見て下さいっ!



 模型本の表紙版

 1/20RAPOON :



ザラプーン!




全身像サムネイル:

RAPOON全体



いや~、早速模型本表紙版ラプーンを

作ってしまうなんてすばらしいっ!



模型本の中では、MAXファクトリー製の

1/16スネークアイをベースに

先生がラプーンを作っております。

関東展示会の時に、KOARAさんは、せんせが、

「これ、1/20がないので、作るといいよ~♪」

とおっしゃっていたのを、聞き逃さず、

すぐに作ってしまった!という訳です!


左手のハンド部分は、

WFで販売されていたものを使用したそうです。

何か最近左手需要が多いので、

『AFS・SAFS各種左手シリーズ』というキットも

面白いと思います。




ちなみに、模型本表紙の、

エアブラシ等は写真合成です。

「実際にこんな小さなエアブラシ無いでしょ?」

と関東展示会に先生がおっしゃってました。

このエアブラシ&筆搭載版というのも、

先生はお勧めしてくれていましたよ。 (^^)




KOARAさんの塗料:

KOARAさん愛用塗料



で、塗料についても詳しく解説して頂きました。

イタリア製のVallejo (バレフォ)という塗料だそうです。

アクリル製ですが水で薄めることができ

しかも乾きが早いのが特徴だそうです。

ちょっと入手が難しいのが難点だそうですが、

秋葉原ミニチュアパークで入手出来るそうです。

店員さんも『これはマシーネンにぴったりです』

との太鼓判だそうです!




ほんとは娘2号用にお勧めいただいたのですが、

うーーん、娘2号にはもったいない気が。。。 (^_^;




臭いも無く水性ですので、

ご家庭お父さんモデラーの方にちょうど良いのでは??

とのお勧め情報です。 (^^)

お父さんモデラー如何でしょう??



 (^^)/


ましーねん布教のためブログランキングに参加中!ぽちり→ぽちっとボタン①

category: マシーネン投稿

マシーネン投稿!GRADIATOR! 

マシーネン爆走中のHecoさんが、

マシーネン3作目となる、

1/35グラジエーターを投稿してくれましたーっ!



1/35 グラジエーター :

クローズアップ




それでは、拡大写真をどうぞ~


右前から:

右前から



左から:

左から



前から:

前から



右から:

右から



Hecoさんは、せんせのグラジが

『あまりにカッチョよいので

 欲しくてマックロ本2を参考に

 真似て塗装しました。』


とのことです。


キットはイエサブの1/35グラジエーター試作増加型です。


この塗装は、エナメルのオール筆塗りだそうです。

まずベースの淡いグレー系を塗った後、

コピックで迷彩の下書きをして、

今度は濃いグレーの迷彩を筆塗りしたそうです。



いや~、それにしても、

渋い仕上がりですよね~

イエサブのグラジもここまでかっちょ良くなると、

もう本望なんじゃないでしょうか??


Hecoさんは、

『真似しーねんして気が済みました(笑)』

との事ですが、

これは真似したくなりますね~。。。

皆さんもお手元のイエサブリペイント如何でしょう??



Hecoさん、素晴らしい作品を

どうもありがとうございました~  m(__)m



また次回作投稿お待ちしておりまーっす!


 (^^)


ましーねん布教のためブログランキングに参加中!ぽちり→ぽちっとボタン①



category: マシーネン投稿

KOARAさんビネット投稿! 

10000HITのKOARAさんが、

ジオラマ作りに向けて、

着々と準備を進めているようです。

まずは、地面作成の習作にチャレンジ!


コンラードのビネット:

コンラードのビネット




ついでに改造ラプーンも台付きに:

ラプーン台付き



確かに、ベースが付くと作品が引き立ちますね~。

KOARAさんは、「まだ地面らしくない」

とおっしゃっていますが、

KONRADのビネットの地面は

なかなかいい雰囲気になっていると思いますよ。



我が家にも、ミラコンやら、

スライロフォームやらは、

取りそろってはいるのですが、、

肝心の作品が。。。


KOARAさん、また次回投稿を

お待ちしておりま~す


 (^^)/



ましーねん布教のためブログランキングに参加中!ぽちり→ぽちっとボタン①



category: マシーネン投稿

ザクさんまたまたオリジナル投稿! 

爆走青春マシーネラー:ザクさんの

マシーネン製作メカにターボが付いた!

またまた、オリジナルメカ完成!




 新型間接視認システム搭載試験機

 S.A.F.S.-TR/6 :



s-ラプター実験機



これまたすごいメカです!

ラプター搭載の間接視認システムの実験機!

SAFSMK3の機体を改造!


お顔のアップ~

お顔のあっぷ~♪




左横から~

右側



左前から~
左側



あおり写真:

あおり写真



機体本体はSAFSから。

ハッチと左腕レーザーはラプターからだそうです。

塗装はラッカーのサンディブラウン+白をベースに

ハンブロールの225番を混色して

少しダマが出るようにしつつ、薄めの塗装!

さらにダークイエローなどを加えて

塗り重ねた後に、

エナメル黒のウオッシングだそうです。

いや~、手が込んでますね~



そして、またもや、

超気合いの入った「俺設定」を作ってくれました!



デプロップメント

 スネークアイの重力下陸戦におけるその有効性を確認した
 傭兵軍はS.A.F.Sの次世代後継機となるラプターの開発を決定した。
 しかし、その正確な戦場実験データの収集が急がれたが、
 スネークアイは総力生産体制の中で、
 そのユニットを実験用に調達することは困難を極めた。
 新型関節視認システムとその周辺機材の調達にはかろうじて成功し、
 その新型関節視認システム試験用として、
 既存のMk3にユニットを直接搭載した機体である。

 装甲、エンジンについては従来のままであったが、
 衛星からの情報収集機能を準備搭載しているため、
 戦術指揮についてはその有効性が期待された。
 しかし、 その稼働時間については若干の低下傾向が見られる。
 オーストラリア工廠にて3機が製造され、
 各種動作試験と戦場実験の後に
 主要戦線への補充S.A.F.Sとして輸送された。



コンバットサービス

 オーストラリアにおいて3機は工廠駐屯の実験部隊に配備され、
 シュトラール軍の前線監視哨への強襲を行い、
 同戦闘でグッカー1個小隊に壊滅的な打撃を与え、
 グスタフ1機を完全に撃破している。
 その後、前線での補充要請の増大と稼働データの収集が
 十分であるとして、同隊にラプターが配備されたのと同時に
 3機は各地の戦線へと輸送されていった。

 確認されている内の1機は北米に輸送後、
 戦闘の絶えない北米で同地の
 第203装甲猟兵小隊の指揮官機として参戦した。
 シュトラール軍による局地攻勢作戦「レーステン演習作戦」の際に、
 シュトラール軍の未確認無人指揮機を
 その衛星とのリンクシステムで発見後、
 挺身攻撃隊として同隊は出撃。
 敵指揮機を大破させる戦果を挙げている。
 その後、同隊にもラプターが配備され
 この機体のその後は定かではない。
 カナダ方面軍のドールハウス部隊でラクーンの部隊と共に
 配備されていたという情報もある。



いや~、相変わらずセンスいいですよねー。

「俺設定」&マイオリジナルってほんとに

面白い世界を作り出しますね。



今度はザクさんは

どんな作品を見せてくれるんでしょうか??

もう今からわくわくしてしまいます。


あんまりシンナー吸いすぎるなよー!

 (>若者!)


 (^^)v


ましーねん布教のためブログランキングに参加中!ぽちり→ぽちっとボタン①


category: マシーネン投稿

Hecoさんマシーネン4作目投稿! 

精力的にマシーネン街道を爆走中のHecoさんから、

またまた、イエサブリペイント作品を投稿頂きました~




1/35 メルジーネ!


リペイントメルジ!



前から:

前からメルジ



左前から:

左前からメルジ



右から:

右からメルジ



うーーん、今回も迷彩塗装ばっちり!ですね!


 「MAMO本のDCU迷彩がカッコよくて

  気が落ち着かないので真似することにしました。」


とのことです。

確かに模型本のDCU迷彩が見事に再現されてますね。(^^)


今回も塗装方法を教えてもらいました。


 「塗装はエナメル筆塗り

  最初に青緑系を塗ってからコピックで迷彩の下書き、

  茶色系で迷彩部分と暗めのグレーで境目の線を塗りました。

  本当はグレーの上にサンド系を乗せて

  緑色のような色になっているんじゃないかと

  後で気が付き(想像ですが)・・

  で無理やり調整して

  なんとなくだけど納得いく色になりました。

  難しくてさんざん塗りまくったので落ち着きました。」


と、エナメルでトライ&エラーの塗り重ねで

この渋い色合いが再現できているのですね~。



ここは、やっぱり、

 『速攻3年塗り!!』

とか名付けた方がいいんじゃないでしょうか??


Hecoさん、素晴らしい作品を

どうもありがとうございました~

 m(__)m



ましーねん布教のためブログランキングに参加中!ぽちり→ぽちっとボタン①

category: マシーネン投稿

SAFSinACTION 

マシーネン英語フォーラムからのご紹介です。


まずは、ご覧下さい!



  SAFS in ACTION の

  3DCGムービー



     こちら!



これは、アメリカのトニー・チェンさん他の作品です。


 CREDIT:
  Tony Chen :     3D Modeling
                Rigging
                Lighting
                Filming
                Practical effects
  Dylan Spears :   Texturing
                Animator
                Compositor
                Practical effects Soldier 1
  George Fuentes : Matte painter
                Compositor
  Jameson Baltes : Environment artist
                Animator Soldier 2





非常に短い映像ですが、

非常にハイクオリティーですよね。 (^^)

全体では1分20秒まで作られたそうなのですが、

このプロジェクトは解散してしまったそうです。

 (うーん、残念!)





それで、映像についての若干の説明です。

まずジレーネですが、

BDのP110のイラストを見ながら作られたそうです。

ナッツロッカーより強そう!というのが採用理由だそうです。

(模型本登場前に3DCG化ってすごいですよね!)




それからClip2の「不気味な人々」ですが、

これは、「どうやって人間がスーツを倒したら良いか??」

について考えた末の1つの回答だそうです。

 ①まずスーツを孤立させます。

 ②光学カモフラージュを作動

 ③レーザーガンへの動力供給を遮断する!

  と同時に、弱点に爆薬をセット!

  (この場合はアームの下の継ぎ目!)



うーーん、ジレーネも対スーツ攻撃についても、

非常に良く考えられていますよね。

トニーさん、

素晴らしい作品の紹介をどうもありがとうございました。

 m(__)m



トニーさんはHPを作成中だそうです。

もしかしたら、HPで他のシーンも

見られるかもしれませんね。

是非完成版というのを見てみたいのですが、

さてどうなるでしょうか。。。




トニーさんへの応援メッセージを

是非お願いしますです。


 (^^)/



ましーねん布教のためブログランキングに参加中!ぽちり→ぽちっとボタン①

category: マシーネン投稿

ましーねん布教!

プロフィール

カテゴリー

最近の記事+コメント

リンク集

来てくれてありがと(^o^)

月別アーカイブ

ブログ内検索

ましねおじさんにメルする