ましねおじさんのいろいろ

マシーネンクリーガーを応援しているおじさんの日常。

 

AFS MkIの製作 

今日も肌寒い一日でしたね。。。 (^_^;


いろいろと作りかけはあるのですが、

今日は、AFS Mk.Iの組立をやりました。

(まだ途中ですけど。。。 (^_^; )


(Click to see large pictures!)


AFS Mk.I 前から:

AFSMkI


AFS Mk.I 後ろから:

AFSMkI



足首・ひじ・腰・肩の改造をAFS Mk.IIと同様にやりました。

背面パネルが、Mk.IIとひと味違って、雰囲気がありますね~


一通り組んでみて、唯一気になった点は、

スモークディチャージャーの部品です。

スナップフィットとして素晴らしいパーツなのですが、

2つの筒が一体成形なので、パーティングラインがちょっと邪魔でした。。。



それから、ルナポーンから共通の各パーツの精度が

さすがにちょっと落ちてきたと感じたのは気のせいでしょうか??

まあ、まだバリが出ている訳では無いので、

あくまで、組む側が努力する範囲だと思いますが。。



さて、接着剤が乾いたら、パーツ成形で~す



 (^^)/

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!


category: AFSMkI製作

AFSMkIの製作:基本塗装 

今日も「ゲリラ雷雨」の一日でしたねー。

8月とは思えない涼しさですが、日中は微妙に蒸し暑いんですよねー。。。 (^_^;



今日はエアコンを『除湿』にして、AFSMk.Iの製作を頑張りました。 (^^)

シンナー臭くて家族には不評だったかも。。。 (^_^;


(Click to see large pictures!)


サフ吹き:

AFSMkIの製作


接合面消しの最終確認をしました。

やっときれいになったー! (^^)




組み立ててみる~

AFSMkIの製作



後ろから~

AFSMkIの製作


Mk.IIと比べていると、製作意欲がもりもり~ (^^)

という訳で、いつもここで止まってしまうのですが、

今回は、早速塗装に入りました! (^^)v



マホガニーの下塗り:

AFSMkIの製作

陰になるところを一通り黒グレーで塗ったあとに、

お約束のマホガニーの下塗りです。




基本色の筆塗り~

AFSMkIの製作


今回は、パッケージ絵のイメージで塗ることにしました。

オリジナルのAFSよりも若干明るい色ですね。

ガイアノーツの『ジェダイトグレイ』をベースにしました。



暗い色&ハイライト色:

AFSMkIの製作


ダークグリーン(2)をベースに『ジェダイトグレイ』を作りました。

ダークグリーンに白を入れます。黄色に振れるので、

青を足していき、ジャーマングレーを入れて落ち着かせました。

この自作『ジェダイトグレイ』で、暗い色と明るい色を作り、

全体に塗ってみました。



色を重ねる~

AFSMkIの製作


暗い色とハイライトを生かすように、基本色を重ねてブレンディングしました。

あれ?右足首を塗り忘れてる。。。 (^_^;

全体にちょっと緑が明るすぎた感じもしますが、

汚しでカバーすることにします。。。 (^_^;



しかし思っていた以上に時間がかかってしまいました。。。

うーーん、もっと時間が欲しいなー。。。

さあ、明日はウエザリング!

何とか仕上がってくれーっ!! (^_^;



 (^^)

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!


category: AFSMkI製作

AFS MK.Iの製作:ウエザリング&完成 

今日は久しぶりに青空が見えました。

例年なら残暑でへばっている8月31日なのですが、

今年は随分と変な天気が続きますねー。。。



さて、今日はAFS Mk.Iの製作に没頭していました。 (^^)


(Click to see large pictures!)


チッピング:

AFSMkIの製作


昨日の最後から写真を取り忘れたまま、作業を進めてしまいました。。。 (^_^;


今回は「ヨ式塗装」にこだわらない方法にすることにしました。

なので、昨日からまず、久しぶりにタミヤエナメルでのウォッシング・墨入れ。

その後、ラッカー黒グレーで、地道にチッピング!


今回はヘビーウエザリングをイメージしたので、

チッピングもちょっと多めにしてみました。

老眼にはかなりこたえる作業です。。。 (^_^;


デカールは敢えて、初期量産型っぽく目立たないものを選んで使いました。

胸の部隊マークは、AFS Mk.IIのデカールからです。



アクリルウオッシング:

AFSMkIの製作

ヘビーウエザリングという事で、

久しぶりにアクリルのウオッシングをしました。

これも、黒・グレー・茶の3色で、色をまだらに残すようにしてみました。

泥汚れは後でするので、茶色は控えめにして、主にグレーを使いました。



細部塗装完了~

AFSMkIの製作



後ろから~

AFSMkIの製作


各所のパイピング等を塗りました。

頭の丸は、左側は「ライト」ということにして、白くしてみました。

パイロットは時間が無いので、

今回も過去のMk.IIのパイロットを借りて来ました。。。 (^_^;



MIGにて完成!:

AFSMkIの製作


後ろから~

AFSMkIの製作


上のほう:

AFSMkIの製作


頭部のあたり:

AFSMkIの製作


今回は、初導入の「MIGピグメント」を使用してみました。

これを使いたいから、ヘビーウエザリングをイメージしたとも言えます。

排気管のさび・すすと、機体の泥汚れに使用しました。

この「MIGピグメント」ですが、パステルより使いやすいですね!

色の食いつきが良いですし、沢山あって便利!



出来上がりは、かなり汚くなってしまいましたが、

おじさんとしては、ほぼイメージ通りです。 (^^)


AFS Mk.Iが我が家にあるって、嬉しいぞーっ! \(^_^)/



でも、家族にはいまいち不評なんだよなー。。。  (^_^;



 (^^)

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!


category: AFSMkI製作

AFS MK.I製作:足首の加工 

ジェットコースターって筋肉痛になるのですね。

首やら腰やらあちこち痛いおじさんです。。。 (^_^;


何か、またまたAFSを作りたくなったので、

今回は『イハラ風改造』のおさらいをしながら作ってみます。



『イハラ風改造』が載っているMGはこちら:

 
  Model Graphix (モデルグラフィックス) 2007年 03月号 [雑誌]
  Model Graphix (モデルグラフィックス) 2007年 03月号 [雑誌]
大日本絵画 2007-01-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



AFS組立時には、毎回 『イハラ風改造』を基本ベースに、

いくつかの関節加工をしているので、再度ご紹介しましょう。 (^^)


今日は、足首の工作です。

可動範囲を確保しつつ、

ノーマルだとちょっと長めの足首関節を調整してやります。


途中写真を撮り忘れたので、

詳しい組立解説は、過去の こちらの記事 を参考にしてください。 m(__)m



(Click to see large pictures!)


WAVE製ボールジョイントに置き換え:

足首の工作


一番下がノーマル素組みです。

ボールジョイント部品を市販のボールジョイントに置き換えて、

ジョイント部分が奥まで引っ込むように可動加工してやります。



比べてみる~

足首の工作


右側がノーマル、左側が加工後です。

足首を押し込むとご覧のように、安定感のある足首になります。

引っ張り出すと、可動範囲を確保出来ます。



比較的簡単な加工なので、おすすめです~ (^^)


 (^^)

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: AFSMkI製作

AFS MK.I製作:ひじの加工 

AFSの関節工作、今日は「ひじ」の加工です。


これは、ぼけちゃんさんから教わった方法がとっても簡単なので、

今でも採用しています。 (^^)


(Click to see large pictures!)


取付部品の加工:

ひじの加工


ひじ関節ボールジョイント基部部品の、

取付ガイド下側を削って、ボールジョイント基部部品が

数ミリ奥まって取り付けられるように加工します。


写真の右側のように削ってやります。



ちょっと、意味が分かりにくいので、

過去の こちらの記事 も参照して下さい。 m(__)m




取付後の比較~

ひじの加工


左側がノーマル、右側が加工後です。

ひじを曲げても、ボールジョイントが露出しなくなります。

若干、最大屈折角度が浅くなりますが、気になる程ではありません。


部品を削るだけの超簡単改造なので、

これもお勧めの改造ポイントです。 (^^)



 (^^)

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: AFSMkI製作

AFS MK.I製作:腰の加工 

さて、今日は、「腰」の加工です。


ノーマルでは腰が高めなので、「どっしり腰」になるように、

腰位置を下げるように加工してやります。


いろいろなやり方があるようなのですが、

最近はキットのパーツをそのまま流用する方法に落ち着きました。。。



(Click to see large pictures!)


足取付パーツの加工:

腰の加工


ずばり、これだけです!

左側がノーマル、右側が加工後です。


ノーマル部品の両側の羽根を切り取り、

もも基部パーツを丸棒を延長するように削り込んでやります。

この後、丸棒を適当な長さでカットすれば、

足の取付位置=腰の位置が下がります。



若干太もも基部のシーリング部分ポリパーツが干渉しますので、

シーリングポリパーツ上部を後でカットしてやります。


これだけで、大分重心が下がって落ち着きますので、

おすすめの改造ポイントです。 (^^)


 (^^)

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: AFSMkI製作

AFS MK.I製作:肩の加工 

さて今日は、AFSの「肩」の加工です。


(Click to see large pictures!)



ノーマルな肩の部分:

肩の加工


ノーマルの肩だと、腕を前にした時に、

後ろからボールジョイント部分が見えてしまいます。

肩関節を、もう少し奥まるように改造します。



これもいろいろな方法がありトライしてみたのですが、

結局、『イハラ風改造』の可動用加工方法を採用しています。


詳しい加工方法は、こちらの記事 を参照して下さい。 m(__)m



加工前後の比較~

肩の加工


肩取付部品を加工してやります。

左側がノーマル、右側が加工後です。

部品加工前に「パイロットを前に出す」ための、

パイロット首取付穴(2.5mm)も、前方に開けておくと便利です。



加工パーツ裏側:

肩の加工

見えない部分なので、見栄えより、強度中心で加工します。

リューターを使用すれば、30分程で出来上がります。




腕側:

肩の加工

腕側に加工はありませんが、

ボールジョイントを腕側の一部として、取り扱うと、

抜き差し出来て、便利です。



本体への取付:

肩の加工

プラサポパーツが、若干下側になり、

プラサポパーツ下部が、本体と干渉しますので、少しカットしてやります。



腕パーツの取付:

肩の加工

腕パーツを取り付けて、ボールジョイントを奥まで差すと

ご覧のように、シーリング部分がばっちりはまります。

腕パーツを引っ張り出せば、かなりの関節自由度があります。






  Model Graphix (モデルグラフィックス) 2007年 03月号 [雑誌]
  Model Graphix (モデルグラフィックス) 2007年 03月号 [雑誌]
大日本絵画 2007-01-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ご覧のMG発売から早1年半が経ちましたので、

今回敢えて、再度ご紹介してみました。


少しでも参考になった方がいらっしゃたら、嬉しい限りです。 (^^)



 (^^)

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!


category: AFSMkI製作

AFS MK.I製作:パイロット塗装 

さて、我が家のAFSも、圧倒的にパイロット不足になって来ました。。

なので、久しぶりにパイロットフィギア塗装に挑戦ですっ! (^^)



AFS Mk.Iのフィギアパイロットを塗ることにしました。


このフィギアは、「若い新兵」のようなモールドになっています。

今回は、塗装で、このフィギアを『疲れたおじさん』風にしてみたいと思います。。。

うまく出来たらおなぐさみ。。。 (^_^;



(Click to see large pictures!)



下塗り:

パイロットを塗ろう


下塗りは、ラッカーの白を使いました。

ついでに目の部分をはみだし気味に塗っておきました。



暗い肌色:

パイロットを塗ろう


ここからは、バレフォの塗装です。

暗い肌色を全面に塗ります。



肌色基本色:

パイロットを塗ろう

基本色を重ねてみました。

『疲れたおじさん』になるように考えながら、

暗い肌色を残して塗っています。



赤みハイライト等:

パイロットを塗ろう

ほほの赤みや、ハイライト肌色等を入れた状態です。

人間らしくなってきたかな??



少し汚れ目:

パイロットを塗ろう


戦い疲れて、目の周りとかは暗いままにしてあります。

若干汚い感じだけど、まあよしとしましょう。。。




スーツ着用!

パイロットを塗ろう


いや~、、我が家のMk.Iは汚いなー。。。 (^_^;



でも、少なくとも「若い新兵」では無くなったので、

ちょっと満足です。 (^^)


 (^^)

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!


category: AFSMkI製作

AFS MK.I製作:AFS大集合! 

AFSMk.IとMk.IIがまたもう一体づつ出来てしまったので、

ちょっと、我が家のAFS達に大集合してもらいました。 (^^)



(Click to see large pictures!)



AFS大集合!

AFS大集合


いやー、AFSは組立が簡単なので、どんどん組み立ててしまいます。。。

未塗装品がどんどん増えて来る~。。。 (^_^;


これだけあるんですが、一応同じものは1つもありません。

主に左腕が微妙に違ったりします。。。



こんなに塗るのは大変だな~。。。。 (^_^;



 (^^)

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!


category: AFSMkI製作

AFSMk.Iの塗装:楽しくフィギア塗装1 

今日は爽やかな秋の陽気でしたね。


娘2号に、『フィギアを塗ってみないか?』 と聞いてみると、

『塗ってみるーっ!』 と元気よい返事。。。 (^_^;



そんな訳で、今日は二人仲良くフィギア塗装をしてみました。 (^^)


(Click to see large pictures!)


これを塗る~

フィギアの塗装

今回は、このハンサムなAFSMk.IIのフィギアを塗ることにしました。

娘2号は、『目標13歳の青年だから!』と張り切っています。。。 (^_^;


さ~て、このフィギア対決どうなるでしょうか。。。


今回の挑戦者:

 おじさん:しがない中年モデラー (モデラー歴一応35年くらい??)

 娘2号 :今をときめく現役JK   (モデラー歴0年)



まずは塗装の準備をしてあげます。


おじさんの準備:

フィギアの塗装


娘2号の準備:

フィギアの塗装


今回塗るものも、道具も手順も全く同じです。

娘2号にも新しい「一番筆」をあげました。



ラッカーの下塗り~


おじさんの場合:

フィギアの塗装


娘2号の場合:

フィギアの塗装


なかなかうまく出来てるじゃん!

ちなみに、娘2号は、筆塗りはもちろん、

プラモデルを塗るのは初めての体験です。。。



目を塗る~


おじさんの場合:

フィギアの塗装


娘2号の場合:

フィギアの塗装


「通りすがり」さんのご指摘の通り、

今回は、下の外側から内側へ、黒・エメラルドグリーン・黒で、

瞳と外側の黒を表現してみました。 (^^)


娘2号のはちょっと瞳が大きめですが、

さ~て、どんなフィギアが出来上がるでしょうか??



肌色編は明日に続く~


 (^^)

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!


category: AFSMkI製作

ましーねん布教!

プロフィール

カテゴリー

最近の記事+コメント

リンク集

来てくれてありがと(^o^)

月別アーカイブ

ブログ内検索

ましねおじさんにメルする