ましねおじさんのいろいろ

マシーネンクリーガーを応援しているおじさんの日常。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

日本の翼コレクション 

今まで ぐっと こらえて手を出してこなかったのだが、
どうにも気になる食玩:

F-TOYS:『日本の翼コレクション(JASDF Collection)』

オークションの配送に立ち寄ったコンビニで
ついに手を出してしまった。 (^_^;


『F-2A 第8航空団第6飛行隊 福岡県築城基地』

F2





ましねおじさん的には、もう、いきなり

『大当たり』 である。 (^^)v

解説を読むと、F-16より微妙に翼が長いのだそうな。
知らなんだ~。
青の迷彩が世界的に話題だそうな。
知らなんだ~。

結構足パーツとか良くできてるし、
デカールが付いていて機体が選べる!

食玩もすごく進歩してますね~。

コンビニで隣にあったスカイラインGT-Rも気になるのだが、
F-TOYSをもう1機挑戦するか!?
WTMをもう1輛挑戦するか!?


うーーん、家にいても頭の中は、『買うたやめた』である。。。

 (^_^;

スポンサーサイト

category: 模型関連

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - janre: 趣味・実用

桜鮎 

またまた実家が奈良県五条市の名産品を送ってくれた。


鶴萬々堂謹製 『名物 桜鮎』

桜鮎





鮎の形をしたまんじゅうの中には
求肥(ぎゅうひ)が入っている。
この求肥が実に絶妙の舌触りというかぷるぷる感というか
& 微妙なあまさ加減がもう絶品!   (^^)v


五条市を流れる吉野川は鮎釣りの盛んな地で、
鮎料理・鮎寿司などもあるようであるが、
この地の鮎は吉野の山の桜を食べて育つと言われているそうである。

そんなご当地ならではの逸品ですね。


求肥というのは、和菓子でもあまり多くは見かけませんが、
道明寺粉や白玉粉と同じように餅米から出来ている餅粉を
使うとろこがミソのようである。

作り方を辻クッキングスクールページで見てみると
生地を一度煮立ててから上白糖を暖めながら加え、
しっかり混ぜながら炊きあげるという実に手間のかかる「あん」である。


めったに食べられないものだからか、
たまに食べるとほんとにありがたい品です。
お取り寄せは出来るかどうかわかりませんが、

奈良県菓子工業組合・五条支部HP』に 
鶴萬々堂さんも載っていますので、興味のある方は
問い合わせをしてみては如何でしょう?


それでは、吉野川の鮎をいっただきまーっす!

 (^^)

category: 料理・お菓子

thread: お菓子 - janre: グルメ

おばかプラモ? 

ちょっと無理があるかもしれないが、
一週間ぶりにオークション出品してみました。



『ウルトラセブンセット』

ウルトラセブンセット





全部ゼンマイ仕掛けで走ります!(<すごいっ!)

「※パッケージのイラストと商品とは多少異なりますのでご了承ください」




『多少』  である!



「可能性があります」ではなく、



『異なります』  である!



イかす箱絵にまず笑い、箱を開けてさらに笑い、
断り書きを見て、もう大爆笑である。

こんな夢のあるプラモって、ほんといいなー。。。

 (^^)v

category: 模型関連

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - janre: 趣味・実用

激撮!? 

先日某社社長にかなり脅された。   (@_@;
このまま黙って引き下がるわけにはいかないっ!


という訳で某社に再潜入

『激撮っ!』
謎のメカ



どうも怪しげな物体をしこたま作っているようである。
末端価格にして、ざっと2億くらいかっ!

夜な夜な六本木で売っているようである。
合い言葉は、「FMM」!
縦縞黒スーツに黒のカーボーイハットが目印のようであるっ!


ただ、まだ純度の低いものしか完成していないようである。
そこら辺が奴らの弱点かっ!
今度は奴らの組織を壊滅するための作戦を練らなければっ!

 (^^)v

category: WF2006夏

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - janre: 趣味・実用

どくだみ 

気がついたら、庭に「どくだみ」が群生していたっ! (^_^;


「どくだみ」

どくだみ





子供の頃から嫌いな植物。
暗い湿った場所を好むので、どくだみがある場所では
昔はよく「へび」とかに遭遇した。

最近は美容効果・殺菌効果が見直されているようである。

どくだみパラダイス


さすがに、「どくだみ青汁」は強烈そうであるっ! (;.;)

「お風呂にどくだみ」も効果はわかるが、
せっかくの安らかなバスタイムがどくだみの香りっていったい。。。 

 (^_^;

category: 季節の話題

thread: ガーデニング - janre: 趣味・実用

えへへ(^^)限定品! 

限定品をげっとーっ!


2004年夏WF限定:M@KUBE!

MAKキューブリック





オークションでたまたま安価で入手出来ました! (^^)v




届いてみると~、、、

み、未開封品っ!
 (お”-、さっすがキューブリックファンは質が違うっ!)


そんな訳で、未だに箱が開けられなーいっ! (^_^;

これは思い切って開けちゃうべきなんでしょうか???

(@o@)??

category: その他情報

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - janre: 趣味・実用

垣根涼介:『ワイルド・ソウル』 

ドミニカ共和国への移民訴訟東京地裁判決が今日あった。


「金井康雄裁判長は移民を国の政策と認め
 『外務省と農林省(当時)は調査や説明などを尽くす義務を怠った』
 と国の賠償責任を認定したが、
 賠償請求権は除斥期間(権利の法定存続期間、20年)の
 経過で消滅したとして請求を棄却した。」 (共同通信)





垣根 涼介著  『ワイルド・ソウル 上・下』  幻冬舎文庫

 ワイルドソウル上 ワイルドソウル下








 「一九六一年、衛藤一家は希望を胸にアマゾンへ渡った。
  しかし、彼らがその大地に降り立った時、
  夢にまで見た楽園はどこにもなかった。
  戦後最大級の愚政“棄民政策”。
  その四十数年後、三人の男が東京にいた。
  衛藤の息子ケイ、松尾、山本―
  彼らの周到な計画は、テレビ局記者の貴子をも巻き込み、
  歴史の闇に葬られた過去の扉をこじ開けようとする。」

     (「BOOK」データベースより)


1961年。まずこの数字に驚かされる。
私が生まれるほんの数年前。高度成長の幕開け時期。
日本はなんと言うことをしたのか!!

戦後の移民政策については何も知らなかったが、
こんな事が、戦後日本民主主義において行われていたとは、
私にとって驚きの事実である!
4万人もの日本人を不毛のジャングルに送り込んだとは!

もちろん「小説」である。多少のフィクションも含まれるであろう。
ドミニカの場合はさらにその後の国家貸付問題もあるようである。
国や時期によって多少状況は異なるようであるが、
「棄民政策」の事実は消せない。




舞台装置は移民政策だが、物語自体はエンターテイメント。
前半は主人公達と伴に「恨み」を増幅させ、
後半は主人公達と伴に「頭脳的復讐」を楽しめる。
あっという間に読み進むことの出来る痛快読み物。
著者の筆力には感服する。

ただ、個人的には当時のブラジルの状況について
もっとページを費やして欲しかった。
これについては、そのうち他の関連書籍を読んでみたい。



ドミニカ訴訟の原告獄釜徹さんの言葉が心に染みる。

 「消えたのは政府の良心と罪の意識だけ。
  入植以来、移住者が受けた苦しみや心の傷には
  時効はない。」


まずは良質のエンターテイメントとして
多くの人に手にとってもらいたい小説である。
 (^^)

category: 最近の読書

thread: 本の紹介 - janre: 小説・文学

ぽてころ 

以前ご紹介した「松蔵」。


また店頭でおいしそうなので、おみやげを買った。


『ぽてころ』

ぽてころ






スイートポテトよりは若干焼き芋っぽい。
ラム酒が効いて洋菓子らしい。
甘すぎずサツマイモの旨さが出ているのがプロの技か。


東京駅のおみやげにはちょうど良いと思いますよ。

 (^^)/

category: 料理・お菓子

thread: スイーツ - janre: グルメ

娘2号のニューラケット 

娘2号が部活を頑張っているようである。

朝も我が家で1番に出発して朝練。
日が長くなったので、帰宅も7時前。
土日も殆ど練習。







(>って、お前、いつ勉強するねんっ!)









『ニューラケット』

nnnn






1年以上使ったラケットがぼろぼろになったので、
新しいラケットを買ってあげた。


夏の公式戦初出場まであと1ヶ月。


頑張れよ!

 (^^)v

category: ましねおじさん家

thread: 日記 - janre: 日記

あじさい寺 

今朝、「あじさい寺」に行ってきた。

ここいらでは有名な「あじさい寺:妙楽寺」。


静かな朝の光の中でお経と木魚の音が心を引き締める。


『あじさい寺』
妙楽寺





「もうちょっとかな?」

もうちょい




山陰にあるので、庭先のあじさいよりちょっと遅い。
ちょうど来週末が見頃のようである。

ちいさな「あじさいまつり」も開かれる。
この時ばかりは、普段は静かな山寺も人出で賑わう。



お経を聞きながら、特に考えず手を合わせた。
思わず出たお祈りは、、、


「心やすらかに。。。」


やっぱ「ましねおじさん」は根っからの日本人?
それとも、、、





ただのおじさん!  (゜◇゜)ガーン


category: 季節の話題

thread: 関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨) - janre: 地域情報

ましーねん布教!

プロフィール

カテゴリー

最近の記事+コメント

リンク集

来てくれてありがと(^o^)

月別アーカイブ

ブログ内検索

ましねおじさんにメルする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。