ましねおじさんのいろいろ

マシーネンクリーガーを応援しているおじさんの日常。

 

壁の穴 

こんばんは。 夕方から冷たい雨が降り出しました。

みなさん体調を崩さぬようお気を付けて下さいね。 (^^)




いよいよ、今度の週末に

(仮住まいへの)リアル引っ越しになりました。

引っ越し前の片付けは順調に遅れていて?? 

全く準備が進んでいないのですが。。。 (^_^;





壁の穴:

壁の穴


子供たちの成長をずっと見て来てくれた我が家とも、

あと1週間でお別れです。 (;;)

先月二十歳になった娘1号は小学1年生、娘2号は幼稚園生でした。

そんな訳で我が家の記念写真もいくつか撮っています。



ご覧の、『壁の穴』は、娘2号が反抗期真っ盛りの中学生の頃に

何かに怒って、廊下の壁を思いっきり蹴って開けてくれたもの。。。

こんなものも大切な思い出です。 (^^)



そんな娘2号ですが、この土日は文化祭でバンド演奏予定だったのですが。。。

何と昨日ボーカルの友達がインフルエンザ発症でダウン。。 (^_^;

(昨日は、他のバンドのサクラ応援で頑張ったようです。)


そして、今日の昼過ぎに学校から電話。。

何と! 娘2号も38度の発熱で強制帰宅させられて来ました。。。 (^_^;大汗




 『引っ越し直前のインフル襲来!』




明日病院でインフル検査してもらいますが、

これはインフルエンザ濃厚です。。。

家族内バイオハザードが一番ヤバイ! (^_^;




娘2号の様子を見ていると、

これはちょっと根性で何とかなるものでは無さそうです。。。



無事に引っ越し出来るのか??

かなりピンチなおじさん家だったりします。。。 (^_^;




そんな訳で、明日も雨のようですが、

みなさんくれぐれも体調にはお気を付けて。。。


 (^^)

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: ましねおじさん家

ハセガワ様2009年JMC作品展示会 

こんばんは。またまたご無沙汰しております。。。



昨日から、ハセガワ様の、『JMC作品展』が行われていました。

ルイージ君(ましねおじさんの弟)に頼んでおいて、

マシーネン関係の写真を送ってもらいましたので、

何とか、エセJMCレポートです。 (^^)



ルナダイバーのテストショット:

JMC

JMC

JMC

JMC

JMC

JMC


もうじきルナダイバーも発売ですねー。。

結構パーツ数が多くて、組応えがありそうです。 (^^)



例年通り、ハセガワ様社員殿の作品もありました。



ハセガワ専務の作品:

JMC

JMC



マシーネン担当国分さんの作品:

JMC

JMC


どちらも素晴らしい作品ですよねー。

いつもお時間の無い中、お疲れさまです。 m(__)m




さて、今回は入賞作の中からファルケ関連の作品をご紹介致します。


JMC

JMC

JMC

JMC

JMC

JMC

JMC

JMC

JMC


何と! 『JMC大賞』3作品のうちの1つがファルケだったそうです!

素晴らしい作品ですね。 受賞者のみなさまおめでとうございます。 m(__)m



さて、そんなおじさんは何をやっていたか?と言うと。。。

建て替え中の仮住まいへの引越でした。


そんな訳で、現在はこんな状態。。

引越


(爆)


何とかPCが復活しまして、少しずつ整理していきます。。

それにしても、疲れます。。

整理に何日かかるんだろう。。。 (^_^;大汗


 (^^)

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: ★イベントレポート★33,0

開催迫る!関東Ma.K.模型展示会 

こんばんは。

仮住まいも、ほんの少しずつですが、整理を始めています。。 (^^)




さて、(みなさん忘れていないと思いますが) 今度の日曜日


 世界最大のマシーネン展示会!


 関東Ma.K.模型展示会 「Ma.K Modelers Showcase」vol.5


です!


詳細はバナー(↓)をクリック!

Ma.K関東展示会vol5



 開催日 : 2009年11月15日(日)

 時間  : 13:00~18:30

 場所  : 大田区民ホール・アプリコ 地下1階 展示室

        (JR京浜東北線 蒲田駅東口 徒歩約3分)

 入場無料



今回は過去最大の参加人数&作品数のようです。

昨年から沢山の新キットも発売されていまし、

新しいファンや出戻りファンも随分と増えていますので、

きっと素晴らしいマシーネン作品が沢山見られると思います。 (^^)



(おじさんは諸事情により今回不参加。。。 (^_^;

 それどころか、どうも展示会会場にも行けない可能性が。。。 (;;) )



関東展示会スタッフのみなさま、

いつもお忙しい中どうもありがとうございます。 m(__)m

展示会の成功を心よりお祈りしております。 (^^)



マシーネンに興味のある方は、是非お立ち寄り下さ~い


 (^^)/

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: ★イベントレポート★33,0

IR-J:イリサワのMa.K用カラー 

こんばんは。

今日は仮住まいで不足している細かな物の買い出しに行きました。 (^^)

超久しぶりに、○ノ口の○エサブへ。。。





 発見!   (**)v





イリサワのMa.K用フィニッシャーズカラー

イリサワのMa.K塗料



先生がオリジナル提供した色を成分分析して調色したレプリカカラーとの売り込み。

○エサブでは、『ファルケの塗装に最適』とのPOPがありました。

『Sponach Green』 と 『Dark Snow』 の2色!

ちなみにこのお店では最後の2瓶でした。。。




イリサワさんの塗料は初めて使うのですが、

これは、Mr.Colorのラッカーシンナーを使えますかね??

良くわからないので、ちょっと高いけど、純正の『ピュアシンナー』というのを

一緒に買ってみました。。。



で、試し塗りに何か手頃なプラモは無いかなー?? と店内を物色したのですが

最近は安いプラモは売って無いですねー。。。

仕方無く、ご覧の古いザクを買ってきましたが、

後で良く考えたら、これって接着剤無しでは組み上がらない??




そういえば、引越でニッパーやら筆やらはどこにいったのかしらん。。。 (OO)??



プラモ復活には、まだまだハードルの高いおじさんでした。。。 (^_^;



 (^^)/

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: 新製品情報等

第5回関東Ma.K展示会ハイライトレポ 

こんばんは。

久しぶりに爽やかに晴れ渡った首都圏です。

今日は、家の片付けを抜け出して、関東展示会に行って来ました。 (^^)

(忙しい中、快く許可してくれたOL1年生ありがとう~ m(__)m )




ほんの小一時間程度しか時間が無かったため、

じっくりと各作品を見る時間が無かったのが残念なのですが、

どこを向いても、『濃厚なマシーネンの世界!』 (^^)




そんな訳で、今回は会場の様子を中心をお届けしたいと思います。 (^^)

(各写真は、1280サイズですので、クリックで拡大されます。)




会場:大田区民ホール・アプリコ

関東展示会

関東展示会


かなり立派な現代的な建物です。

ここの地下1階が会場ですね。 (^^)




1階エントランスの案内表示:

関東展示会


地下1階会場入り口の解説:

関東展示会


関東展示会スタッフのみなさま、細かな配慮お疲れさまです。

こういう案内表示を見ると、『わくわく感』が盛り上がって来ます。 (^^)



それでは、会場の中に入ってみましょう。

会場の中は。。。。












 こんな感じっ!


関東展示会


広い!

そして、奥~の方まで、マシーネンだらけのようです!

ご覧のように沢山の方がみえてますが、

それでも、このときは大分空いてきた時間だったそうです。。。



それでは、各テーブルのオーバービューをご覧下さい。


関東展示会

関東展示会

関東展示会

関東展示会

関東展示会

関東展示会

関東展示会

関東展示会

関東展示会



今回は時間が無いため、1作品づつの撮影は諦めました。

どうもすみません。。 m(__)m

そのうちに、展示会HPで各作品の写真が公開されると思いますので、

そちらをご覧下さい。




それにしても、どれも力作揃いです!

全部一つずつお話を聞きたかったのですが、

時間が無いので、余りお声をかけずにいました。

ご挨拶出来なかった皆さん、どうもすみませんでした。m(__)m

お声をかけて下さった皆さん、どうもありがとうございました。 m(__)m





オフィシャルコーナーには、

ハセガワ様のルナダイバーテストショットがありました。

前回のルイージ君の写真とはちょっと違った、

マニア目線の写真をご覧下さい。 (^^)

関東展示会

関東展示会

関東展示会

関東展示会




そして、最後にオフィシャルコーナーにあった、

先生の宇宙用グローサーフントをご紹介します。

関東展示会

関東展示会


レインボウエッグさんのGKの改造だそうです。

スネークアイ本のBDの機体も立体化されましたね。

この模型の記事も是非次回マシーネン本でじっくり紹介して欲しいですね。 (^^)





いつまでも長居したい気分になるのを、ぐっとこらえて、

後ろ髪引かれる思いで会場を後にしました。。。 (;;)



関東展示会スタッフのみなさんありがとうございました。

そして、素晴らしい展示作品を製作されたみなさん、

本当にお疲れさまでした。 m(__)m




わずか1日の展示がもったい無く感じる、

素晴らしい展示会でした。 (^^)


 (^^)/

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: ★イベントレポート★33,0

ファルケ的なもの? 

もうじき陽が暮れようとしています。

こんにちは。 今日は暖かく気持ちの良い1日でしたね。 (^^)

そんな中、今日は夏前のファルケ展用ファルケ製作以来、

超久しぶりに、『プラモデル』を1日楽しみました。 (^^)




先週買ったザク:

ファルケ的なもの


イリサワさんのマシーネンカラーを使ってみたくて買ったザク。

手元にマシーネンプラモデルが無いので、

これでマシーネンカラーを試してみることにしました。

接合面消しもパーティングラインも気にしない、超お手軽モデリング。

1時間ほどで完成!

バンダイのプラモはパチ組み用に良く出来ていますねー。。。



『手足も良く動くなー。。。』

といろいろと動かして遊んでみる。。。

どんな風に塗ろう??





マホガニー下塗り:

ファルケ的なもの


マシーネンカラーだけではどうにもならないので、

昨日、再び○ノ口の○エサブへ!

黒・白・赤・黄・青・銀と、マホガニーをGET!

(今日気がついたのですがフラットベース買うの忘れました。。。 (^_^; )

早速マホガニーで下塗りです。 (^^)





暗めのSpinashGreenを塗る:

ファルケ的なもの


黒と混ぜた暗めのSpinashGreenを適当に筆塗りします。




SpinashGreenを塗り重ねる:

ファルケ的なもの


気持ち暗めのSpinashGreenを塗り重ねました。

どうも普通のザクの色に似ている感じ。。。

これじゃあ普通のザクになってしまう~~。。。 (^_^;





DarkSnowで冬期迷彩:

ファルケ的なもの


続けてDarkSnowをパネルラインに沿って塗ります。

このDarkSnowは、黄色みがかった白ですね。

瓶の中では黄色っぽく見えますが、塗ってしまうとあまりわかりません。

ただスネークアイ等のグランプリホワイトベースの白とはまた違った、

少し暖かな色合いの白です。 (^^)


このイリサワのフィニッシャーズ、色の乾きが早く、

さくさくと塗れて便利!

今回は、フィニッシャーズ専用薄め液では無く、

Mr.Colorの薄め液だけを使用しましたが、特に問題は感じませんでした。





さて、この後、『あれ、これ、それ』をしまして、

結局、ヘンテコな物が出来てしまいました。。。 (^_^;



















 こんなのっ!:

ファルケ的なもの

ファルケ的なもの


ガンダムモデラーさんごめんなさい。 m(__)m


別にザクが嫌いな訳じゃないんですが、

今回は、ファルケ用の塗料ということで、

ザクさんには、ファルケになってもらいました。 (^^)

魚骨マーキングは先日買ったスネークアイのデカールからです。





昨日買って来たラッカー塗料しか手元に無いため、

かなり雑な仕上がりですが、とっても楽しく塗ることが出来ました。

このマシーネンカラーなかなか便利に使えそうです。 (^^)



そんな訳で、仮住まいに唯一の完成品:

 『ザクっぽいファルケ?』  (逆か??)

が仲間入りした、勤労感謝の日でした。。



 (^^)/

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: ファルケザク製作

我らがプラモの未来 

こんばんは。

今日は『ハセガワ専務』のインタビュー記事が載っているので、

久しぶりにモデルグラフィックスを買いました。


Model Graphix (モデルグラフィックス) 2010年 01月号 [雑誌]
Model Graphix (モデルグラフィックス) 2010年 01月号 [雑誌]
大日本絵画 2009-11-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「ハセガワ専務」の危機感は非常に良くわかります。


『マシーネンの発展』の事を考えると、

どうしても、『プラモデルの発展』の事を考えざるを得ません。

そんな訳で、別に業界人では無いのですが、

普段から、『どうやったらプラモデルが普及するのだろう』と考えているおじさんです。



今日は、『プラモデルの将来』について家族談義をしてみました。

ファイナルアンサーが出た訳ではないのですが、

今日の記録としてブログに残しておきたいと思います。

きっと、長文の、散文的駄文になるかと思いますので、

お暇な時にでも、読んでやって下さい。 m(__)m

論理飛躍は多々していると思います。

突っ込みや議論はコメントにてどんどんお寄せ下さい。 m(__)m



1.動機

何故プラモデルの発展を望むのか?

もちろん、新しいマシーネンのキットが欲しい事もありますが、

それよりも、我らモデラーが習得してきた、様々な技法=無形文化を

次世代に残さなくて良いのか?? という意識が私の場合は強いです。

さまざまな塗装方法はもちろん、ニッパーややすりの使い方1つとっても、

今の子供たちにはかなり難しい道具の使い方のような気がします。

そんなモデラーには当たり前の技術が、50年後には消滅するのでしょうか?

消滅して良いのでしょうか??

そんな気持ちから、プラモデルの発展または存続方法について

普段からつらつらと考えていたりします。



2.『かっこいい物』が無い現代

私が子供の頃は、戦車や飛行機がかっこよかった!

速くて強い!

そのうちかっこいい物はミリタリーからロボットに変遷していったと思う。

ロボットは強い!

どちらも、未来を感じさせる夢のあるメカだった。

今、未来を感じさせる夢のあるメカってなんだろう??

ロボットは『未来』では無く限りなく『現代』になってしまった。

「かっこいいロボット」の時代は終わり、

最新のガンダムでもキャラクター中心の「萌えるフィギア」の時代である。

メカの時代は終わり、フィギアの時代へ。

そしてその先にメカはどうも無さそうである。

娘2号に聞いても、『立体として欲しいものは実用的なもの以外は無い』そうである。




3.未来はバーチャルの中に

人間とは『創る』生き物である。

私が学生の頃は、エアブラシ塗装のプラモに明け暮れていたが、

今の若者は何を『創って』いるのであろうか?

一言で言えば、『にこ動』である。

音楽であり、絵であり、動画である。

そして、立体CGである。

我々が『STAR WARS New Hope』 を見てSFXに憧れたように、

これからの若者は、『2012』を見て、3DCGに憧れるのかもしれない。

バーチャルの中で自由に立体を作り上げ色を塗ることが出来る時代になった。

やがて、バーチャルなプラモデル的なものも出来るのであろう。


2025年には立体映像放送が開始される予定である。

『STAR WARS』のレイア姫の映像がお茶の間で再現されるのである。

一般家庭の(リアルな)部屋の壁はただの白になるのかもしれない。

バーチャル映像でその日の気分でバーチャル立体の中で暮らすのかもしれない。

娘2号曰く、『バーチャルにも触覚が出来るはず』と言っている。

『マトリクス』が現実になる日が、もうすぐそこに来ている。


一般大衆は、自分の部屋を様々なレイアウト・色に『創る』事を楽しむかもしれない。

『バーチャルなモデリング』も小さなものから大きなものまで自由に出来るであろう。

そんな部屋の中で、現代のプラモデルを作る意味は何なのだろう?



4.プラモデルの持つ2つの意味の存続

プラモデルには、設計図からの立体把握という教育的側面と、

塗装工程という芸術的側面がある。



教育的側面のニーズは将来の「親」世代にも存在するであろう。

子供に立体把握能力を持たせたい、

そんなニーズを満たす、ブロックを高度化したおもちゃとしてのプラモデルは

ある程度存在意義があるであろう。

現在の所謂「ガンプラ」の延長上のようなものであろうか?

ただ、どうもそこには、「伝承したい技法」は存在しそうにない。



芸術的な側面はどうであろうか?

現在、中高齢者の間で「塗り絵キット」が流行っているそうである。

立体塗り絵としてのプラモデルは存在価値があるであろう。

一部の塗装技法は伝承されそうである。

そして一部のプラモデルは、より芸術性を先鋭化して、

油絵や水彩画のような、「美術」の1つとして存続するのかもしれない。



プラモデルの組立から塗装に至る全ての技術を身につけた、

現代のモデラーの存在は、マイノリティとして残るのであろう。

例えば、現代の「ハム無線」のような存在であろうか?

時々、この面白さに気がついた「稀少民」の若者が取り込まれるかもしれない。

マニアによるマニアのための、現代の王道プラモデルも細々と存続するのであろう。




5.我らに出来ること

時代の大きな流れに逆らうようではあるが、

ほんの少しでも、モデラー人口を増やすべく、個別の活動をしていくこと、

特に若年層の取り込みへの働きかけは重要な活動である。

「個別の活動は何か?」 に妙案はまだ無い。

ただこのブログも私にとっては、1つの「個別の活動」なのだと思う。



6.100年の時を超えて

江戸時代のものであっても、優れた浮世絵は現存している。

芸術まで昇華したものは、きっと時代を下って伝えられるであろう。

100年後、マシーネンもその1つであって欲しい。

浮世絵の時代に、一般大衆も墨で落書きをしていたのだと思う。

私の作品はそんな落書きの1つなのかもしれない。

でも、2010年の今、ここに私の作ったものが確かに存在した、

という事はどうにかして残せないであろうか。。。



数百年後の美術史上からみれば、

プラモデルというものは、プラスチック石油製品の進化過程に於ける

ある種の特別変異的な一時的な異端文化なのかもしれない。




伝えたい。。。

滅びて欲しくない。。。。



何か良い道はないか?と、またつらつらとした考えは続くのである。

 (^^)/

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: 雑記

トイズマッコイ:1/6SAFS! 

トイズマッコイの1/6SAFSがやってきた!

嬉しいので簡単なご紹介をば。。



でかい箱!

SAFS

SAFS


想像よりかなり大きい箱!





とりあえず出してみる!

SAFS


うーーん、これはかなりの存在感!

そして金属パーツが多いため、ずっしりと重い。





マーキング:

SAFS


マーキングは『エッグプラント6』の代表的なもの。

随所が『はげちょろ』塗装になっている。



右手:

SAFS


右手は金属パーツ。

各指関節は可動である。

左手レーザーはLR44電池で光る。



メインテナンスハッチ:

SAFS

メインテナンスハッチが全部で3カ所可動。

うち胴体左側のオイルキャップが電気スイッチ!




コクピットパネル:

SAFS


コクピットパネルは取り外し可能。

この裏側に、LR41電池を入れると、モニターが緑に光る。




コクピット点灯!

SAFS

コクピットを点灯してみたところ。

お姉さんはそれ程難しくなく、乗り降りが可能。

WAVEのスネークアイと全く同じ開閉方法である。




このSAFSの製品化が発表されたのが今から3年前。

モデルグラフィックス2006年12月号 である。 

(当時の おじさんのブログ記事 )

製品化まで多々苦労があったと思いますが、ようやく販売になりましたね。



おじさんも、あれから2年間、『えすえーえふえす貯金』と題して

好きなお酒は止めて、

大好きなプラモデルも全く買わずで、

地道にお小遣いを貯めてきました。 (← 一部嘘あり。。 汗)

念願のSAFSをGET出来て満足です。 (^^)

予想していた以上におもちゃっぽく無く、良く出来ていると思います。


(まあ、大人の高いおもちゃなんですが。。。 (^_^; )



我が家の宝として大切に飾っておこうと思います。 (^^)

(とりあえず当面は大切にしまっておきますが。。。 (^_^; )


 (^^)/

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: 新製品情報等

ましーねん布教!

プロフィール

カテゴリー

最近の記事+コメント

リンク集

来てくれてありがと(^o^)

月別アーカイブ

ブログ内検索

ましねおじさんにメルする