ましねおじさんのいろいろ

マシーネンクリーガーを応援しているおじさんの日常。

 

【告知】Ma.K. Tamagawa Meeting #5開催案内! 

Ma.K. tamagawa meeting #5の開催案内です。


Ma.K. tamagawa meeting #5

 展示内容 : 『Maschinen Krieger』をはじめとする横山宏氏作品の模型・立体物

 日 時   : 2014年6月15日(日) 10:00~15:30

 場 所   : 三茶しゃれなあど(世田谷区民会館別館) 集会室オリオン』

 参加料   : 1名: 1,000 円 (展示作品点数によらず)

 OFF会   : 三軒茶屋駅近辺にて (OFF会料金 : 4,000 円)

 参加申込募集期間 : 応募締切ました。沢山のご応募ありがとうございました。

 参加料ご入金期間 : 2014年5月26日(月)~6月11日(水)




来る6月に『Ma.K. Tamagawa Meeting #5』を開催致します。

お陰様で当展示会は5年目を迎え、昨年は約100名のご参加(展示作品250点以上)と

多くのマシーネン・クリーガーファンの皆様のご支援・ご支持を頂いております。


この展示会は、東京西部地区在住のマシーネン・クリーガーファンの

複数有志によって自主的に企画・運営されております。

展示会場の諸問題があり今回から有料の展示会場に場所を移しての開催になります。

大変申し訳ありませんが、今回開催より展示会参加者のみなさまから、

展示会場使用料支払いのために、参加費を徴収させて頂きます。



詳細は、tamagawa meeting HP をご覧下さい。

    Ma.K. tamagawa meeting


それでは、大勢のファンのみなさまの参加登録と、

みなさまのたくさんの力作・爆作・珍作をお待ちしております。


1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: TAMAGAWA#5

タマミー#5ご参加ご協力感謝!&なぜかメルジなお話 

こんにちは。またまた久しぶりのブログ更新です。

(なんか久しぶりのブログっぽい記事になりそう。。)


6月15日(日)はタマミーに沢山の人が来てくれたそうで、

どうもありがとうございました。 m(__)m

今回は個人的な都合で当日参加出来ずでどうもすみませんでした。 m(__)m

先程、会計報告等公開し展示会終了モードで、タマミーHP を更新しましたので

見てやって下さい。 m(__)m


なんかメルジーネをなんとなく始めてしまった。。 汗

3QMODEL メルジーネ

未だ1/20キャメルが1年半経過しているのに完成していないのですが、 (汗汗)

新規一転と思って、3QMODELのメルジーネをなんとなく始めてしまいました。

がっ!

これ胴体の組み合わせが超難しい!!

ハッチを中に入れるのを忘れて、且つ腰パーツがずれてしまいました。。(><)

それから背中のパーツの上部胴体合わせ目は、モールドが無いのが正解??

<ここって接合面消し作業が必要なのかなー。。

なんか参考写真・資料等も見ずに焦って作ったのがいけないのか??

それとも、しばらく作って無いので下手になったのかなー??なんて思っています。

どうもここからの修正は疲れるので、また1/20キャメルに戻ろうかなー?

それとも同時製作でいこうかなー??とこれまた悩み中です。


タマミー5に持っていこうとした作品:

センサーポッド

センサーポッド

本当はルナポンとキャメルと一緒にジオラマにしようと思っていたのですが、

例によって挫折!(爆)

いろいろとあったので、作品名は『生きるver2』として単体で途中まで仕上げました。

一応、月面に置くセンサーポッドです。

またそのうちにジオラマ参加してもらおうと思っています。

が、

いつになることやら。。

さて、1年半経過してしまって、パーツがどうなったかも不明な

1/20キャメルの箱でも開けてみまーす! (^^)/


1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: TAMAGAWA#5

キャメルの製作その4 

こんにちは。おじさんです。

梅雨まっさかりというお天気ですね。降ったり曇ったりが続いていますね。

そんな中、来年のタマミーに向けて(爆)

地道にキャメルの製作をやっています。

コクピットが形になってきましたよ。 (^^)


コクピットシートを加工:

キャメルコクピットシート

コクピットシートの背面を一部カットしました。


パイロットおじさんのヘルメット:

キャメルパイロット

最初はパイロットにヘルメットはかぶせない予定で

塗装もしていませんでしたが、

ヘルメットからのビニルパイプがかっちょええので、

何となくヘルメットを塗装して接着しました。

ヘルメットのライト?スイッチ部分は適当に赤にしておきました。

(<かなり雑なのはすんません。。)


コクピットの電池!:

キャメルコクピットパネル電飾

パイロットシートをカットしたのは、こいつのためです!

やっぱり、キャメルのコクピットコンソールは光っていて欲しい!

そんな訳で、HIQPARTSさん のLED電飾パーツを活用して、

ボタン電池とスイッチを仕込みました。

スイッチは向かって左下隅に穴を開けて接着。

その代わり、キャメルキットのグレー部品「B24」を使用しないことにしました。

仮り組みした感じでは、あんまり見えないので、

おじさんとしては問題なし、としてみました。

そんなこんなで、


ぴかりん!:

キャメルコクピットパネル電飾

無事にコクピットコンソールが緑色に光って

満足満足。。

いよいよ、コクピットの複雑な組立になります。

なかなかチャレンジし甲斐のある設計図なので、

仮り組みしながら塗装する感じで仕上げていこうと思います。


素敵な模型ブログ(↓)が沢山あります。
       BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: 1/20キャメル

キャメルの製作その5 

こんにちは。おじさんです。

何か仕事さぼって暇しています。。汗 (<違?)

何となく進めているキャメルの製作ですが、

コクピットがやっと形になりました。


コクピット内のビニルパイプ:

コクピット内パイプ

1年ぶりに作業再開に当たって、過去のパーツが揃っているかどうか

確認してみたのですが、

「無いっ!超重要なパーツが無いっ!」とかなり焦ったのが、このビニルコード。

手持ちのビニルコードは0.9mmのものしか無く、

ハセガワキット付属の1.3mmと1mmのパワーを感じるビニルコードが

超重要なポイントなのにーーーっ! (><)

仕方無く、ハセガワさんへの部品請求するわー、と何故か嫁さんにも進言した次第でして。。

ハセガワへの部品請求書を設計図から切りだそうとした時に、

やっとこさ、各種パーツを入れたタッパーの中に

一緒に入れてあったのを発見して、ほっと一安心。。

(あ、あれ? あるじゃん!的な奴です。。)

が!

何か短い!

こんなに短くて、コクピットの各種パイプ分足りるのかなー??

と長さを足し算してみると、ギリギリというかぴったりOK!

ついでにと、各種パイプ分を組立前に切り出しました。


そんなこんなで、組立完了:

キャメルコクピット完成

コクピットディスプレイ点灯:

キャメルコクピット完成(電飾)

無事にコクピット内部の組立が終わりました。

コクピットディプレイも無事に点灯してくれました。

ビニルパイプの行き先を設計図から読み取るのがかなり難しいところで、

何度も仮組しながら、1つずつ丁寧に工作が必要な感じでした。

1回作ってしまえば、2回目からは楽に出来ると思います。

設計図に「完成写真」があると分かりやすくなるのですが、

その変わりの3面図が随分と役立ちました。

これ以上メーカーさんに文句は言えないですね。。


やっと内部が出来たのですが、

未だ黒いビニルコードが残っているー。。何故??

と思って設計図をもう1度みると、

コクピットの裏側もビニルコード工作が必要なのねー。。

スーツ系のビニルコード工作は割と楽しいのだけど、

キャメルのビニルコード工作はあんまり楽しくないのは何故かなー。。


もうちょっとで組立完成なので、

また明日(かな?)頑張ります。。


素敵な模型ブログ(↓)が沢山あります。
       BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: 1/20キャメル

キャメルの製作その6 

こんばんは。おじさんです。

最近、大人になって初めて市の図書館を利用するようになりました。

図書カードもバーコードになって随分と便利なんですねー。。

島田晴雄監修・財団法人店舗システム協会編

『図解インテリア住宅』 (東洋経済新報社)というのを試しに借りて

今日はざっと読み終わりました。

2003年発行と10年古い本ですが

バブル崩壊以降の「ライフスタイル・マーケティング」という考え方が

勉強になりました。

自宅をライフプランにあった「場所」にするという考え方が

面白かったです。

最近、クックパッドで募集して自宅でお料理教室、というものがあるそうで、

10年たってちゃんと実現されていて、なるほどー。。という感じです。

自宅でプラモ教室なんてのもうまい人はいいかも。。

(何か私のように怪しい風貌の人が集まるのかな??(爆))


さて、キャメルのコクピットの続きです。

コクピットの裏側めんどくさー!!

コクピットボールの裏側

残ったビニルパイプは、キャメルの裏面にこんな感じで取り付けでした。

組み上がってみると、殆ど見えないところなんですが、

中央のパイプのみプラ部品にしてあるのが、組みやすく、

さすがハセガワさんの最新キット!という感じがします。

(写真右中央にキャメルコクピット点灯用の黒いスイッチが見えています。)


胴体の各部パーツ取り付け・完成:

キャメル本体の組立仕上げ

コクピットをピカリとさせてみる:

キャメル完成(ぴかりん)

胴体の残った細かいパーツを取り付けて組立完成です。

ところが、コクピットのパイロットを乗せると、コクピットカプセルが重くて

(というかパイロットが特に重いです。)

足が可動式なので、前に沈んでしまいます。。

胴体接着前に、後ろ側に重りを入れれば良かったのか?

皆さんどうやって解決しているのでしょうか。。

結局足パーツを流し込み接着剤等で固定しました。

まあ、目標はルナポンとのジオラマですので、

塗り上がった後に、可動させて遊ぶものでも無いので、

今回は問題なしです。

(ただ、胴体後部に同じように重りを入れると、

 全体が重くなって、やはり低い姿勢になってしまうような気がしますが、

 実際はどうなんでしょう。。)


足固定後下塗りマスキング:

キャメル エアブラシ下塗り

足を固定して、パイロットが支えられる事を確認してから、

エアブラシ下塗りのため、コクピットを軽くマスキングしました。

どうせはみ出る&上塗りするのでマスキングは超適当に。。


黒グレーと白系:

キャメル エアブラシ下塗り

黒とグレー、白各種を揃えました。


エアブラシ下塗り:黒グレー:

キャメル エアブラシ下塗り

エアブラシ下塗り:ジャーマングレー:

キャメル エアブラシ下塗り


エアブラシ下塗り:オフホワイト:

キャメル エアブラシ下塗り


エアブラシ下塗り完了:

キャメル エアブラシ下塗り


いろいろと色を作ったのですが、

何せ『でかい!』ので、塗料が足りない。。汗

塗り方が下手なのか? 黒・白は一色2瓶使いました。。

一応適当に下塗りしたのだけど、

そもそも今回黒・ジャーマングレーが必要だったかどうかは、分かりません。

まあいつもの要領でなんとなくエアブラシしてしまいました。

(マホガニーは塗料が不足&面倒なので割愛してしまいました。)

単にオフホワイトを塗るよりも、「重さ」が出ていれば良いのですが。。

さて、ここからは地道に筆塗りです。

筆塗りは気が向いた時にちまちまと進める予定です。

迷彩にはエアブラシも併用しながら進めようと思います。

素敵な模型ブログ(↓)が沢山あります。
       BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

category: 1/20キャメル

ましーねん布教!

プロフィール

カテゴリー

最近の記事+コメント

リンク集

来てくれてありがと(^o^)

月別アーカイブ

ブログ内検索

ましねおじさんにメルする