ましねおじさんのいろいろ

マシーネンクリーガーを応援しているおじさんの日常。

 

別府温泉:明礬(みょうばん)温泉:湯ノ華 

さて今日は、別府温泉巡りの話題から。。。 (^^)



別府温泉の奥に、明礬(みょうばん)温泉という地区があります。

ここは硫黄分のある温泉で、硫黄の臭いが立ちこめます。



ここでは昔ながらの工法で、『湯の華』を採取しており、

国の重要無形民族文化財に指定されているそうです。


湯の華




これが、湯の華の採取場所です。

湯の華




中に白いものが:

湯の華



藁葺き屋根の中からは、白いものが見ていています。

これが『湯の華』ですね。



藁葺き屋根の床の仕組み(断面模型):

湯の華



藁葺き屋根の床には、ご覧のような『床』が作ってあります。


一番下が岩です。ここに温泉を流すのだそうです。

その上が、『土(ど)』(青い部分)だそうで、この地域で取れる粘土状の土だそうです。

その上に藁をしきつめます。

岩の部分に温泉を流すと、『土』を通じて、藁の上に、

『湯の華』(白い部分)がだんだんと『育つ』のだそうです。



育っている『湯の華』:

湯の華



藁葺き屋根に入ってみると、ご覧のように『湯の華』が育っています。

藁葺きなのは意味があって、中の湯気を吸い取ってくれるそうで、

ビニルだと、蒸気が冷えて下に垂れるので、湯の華を潰してしまうそうです。



これで3cmくらいか??

5cmくらい育つと収穫するそうです。



これを自宅のお風呂に入れれば、

我が家で別府温泉が味わえるという訳ですね。 (^^)



「古くから温泉と伴に生きる街」を今に伝える、

とても意味深い施設を見ることが出来ました。 (^^)



別府ねたはまた次回に続く~ (^^)


 (^^)

1日1ポチして頂けるとよろこびます。 (^^)
BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!

関連記事

category: 大分展示会2008

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nutrocker.blog51.fc2.com/tb.php/1043-9cee2444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ましーねん布教!

プロフィール

カテゴリー

最近の記事+コメント

リンク集

来てくれてありがと(^o^)

月別アーカイブ

ブログ内検索

ましねおじさんにメルする