ましねおじさんのいろいろ

マシーネンクリーガーを応援しているおじさんの日常。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

キャメルの製作その6 

こんばんは。おじさんです。

最近、大人になって初めて市の図書館を利用するようになりました。

図書カードもバーコードになって随分と便利なんですねー。。

島田晴雄監修・財団法人店舗システム協会編

『図解インテリア住宅』 (東洋経済新報社)というのを試しに借りて

今日はざっと読み終わりました。

2003年発行と10年古い本ですが

バブル崩壊以降の「ライフスタイル・マーケティング」という考え方が

勉強になりました。

自宅をライフプランにあった「場所」にするという考え方が

面白かったです。

最近、クックパッドで募集して自宅でお料理教室、というものがあるそうで、

10年たってちゃんと実現されていて、なるほどー。。という感じです。

自宅でプラモ教室なんてのもうまい人はいいかも。。

(何か私のように怪しい風貌の人が集まるのかな??(爆))


さて、キャメルのコクピットの続きです。

コクピットの裏側めんどくさー!!

コクピットボールの裏側

残ったビニルパイプは、キャメルの裏面にこんな感じで取り付けでした。

組み上がってみると、殆ど見えないところなんですが、

中央のパイプのみプラ部品にしてあるのが、組みやすく、

さすがハセガワさんの最新キット!という感じがします。

(写真右中央にキャメルコクピット点灯用の黒いスイッチが見えています。)


胴体の各部パーツ取り付け・完成:

キャメル本体の組立仕上げ

コクピットをピカリとさせてみる:

キャメル完成(ぴかりん)

胴体の残った細かいパーツを取り付けて組立完成です。

ところが、コクピットのパイロットを乗せると、コクピットカプセルが重くて

(というかパイロットが特に重いです。)

足が可動式なので、前に沈んでしまいます。。

胴体接着前に、後ろ側に重りを入れれば良かったのか?

皆さんどうやって解決しているのでしょうか。。

結局足パーツを流し込み接着剤等で固定しました。

まあ、目標はルナポンとのジオラマですので、

塗り上がった後に、可動させて遊ぶものでも無いので、

今回は問題なしです。

(ただ、胴体後部に同じように重りを入れると、

 全体が重くなって、やはり低い姿勢になってしまうような気がしますが、

 実際はどうなんでしょう。。)


足固定後下塗りマスキング:

キャメル エアブラシ下塗り

足を固定して、パイロットが支えられる事を確認してから、

エアブラシ下塗りのため、コクピットを軽くマスキングしました。

どうせはみ出る&上塗りするのでマスキングは超適当に。。


黒グレーと白系:

キャメル エアブラシ下塗り

黒とグレー、白各種を揃えました。


エアブラシ下塗り:黒グレー:

キャメル エアブラシ下塗り

エアブラシ下塗り:ジャーマングレー:

キャメル エアブラシ下塗り


エアブラシ下塗り:オフホワイト:

キャメル エアブラシ下塗り


エアブラシ下塗り完了:

キャメル エアブラシ下塗り


いろいろと色を作ったのですが、

何せ『でかい!』ので、塗料が足りない。。汗

塗り方が下手なのか? 黒・白は一色2瓶使いました。。

一応適当に下塗りしたのだけど、

そもそも今回黒・ジャーマングレーが必要だったかどうかは、分かりません。

まあいつもの要領でなんとなくエアブラシしてしまいました。

(マホガニーは塗料が不足&面倒なので割愛してしまいました。)

単にオフホワイトを塗るよりも、「重さ」が出ていれば良いのですが。。

さて、ここからは地道に筆塗りです。

筆塗りは気が向いた時にちまちまと進める予定です。

迷彩にはエアブラシも併用しながら進めようと思います。

素敵な模型ブログ(↓)が沢山あります。
       BlogRankingBanner ←ぽちり ましーねん布教のためブログランキングに参加中!
関連記事

category: 1/20キャメル

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nutrocker.blog51.fc2.com/tb.php/1766-c37c5cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ましーねん布教!

プロフィール

カテゴリー

最近の記事+コメント

リンク集

来てくれてありがと(^o^)

月別アーカイブ

ブログ内検索

ましねおじさんにメルする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。