ましねおじさんのいろいろ

マシーネンクリーガーを応援しているおじさんの日常。

 

小川洋子:博士の愛した数式 

マシーネンを理解するためには、

感受性を研ぎ澄まさなければなりません。



したがって、ましーねんおじさんの雑読は続くのです。。。 (^^)

そんな訳で(?)今週のブックレビュー:



博士の愛した数式博士の愛した数式
小川 洋子

新潮社 2005-11-26
売り上げランキング : 1982
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




 「記憶が80分しか持続しない天才数学者は、
  通いの家政婦の「私」と阪神タイガースファンの10歳の息子に、
  世界が驚きと喜びに満ちていることをたった1つの数式で示した…。
  頻出する高度な数学的事実の引用が、
  情緒あふれる物語のトーンを静かに引き締め整える。
  著者最高傑作の呼び声高い1冊。」


    (「BOOK」データベースより)



博士は事故により80分間しか記憶が持続しない。
数学者らしく、ぴったり80分間である。
通いの家政婦の「私」も、翌日には忘れられている。

毎朝、初対面の人への博士的挨拶が繰り広げられる。
「きみの靴のサイズはいくつかね?」
「きみに誕生日は?」
その答えの数字に込められて意味について賞賛することが
博士にとって相手を受け入れるサインである。


ある日そんな「私」に息子がいることを博士が知り、
「母親は子供のそばを離れてはいけない」と怒り
息子「ルート」君との奇妙な「疑似家庭生活」がはじまる。


博士はさまざまな初歩数学をルート君と「私」に教える。

素数、虚数、完全数、友愛数。

それは博士の二人への愛の表現である。

「私」とルート君は精一杯の愛でその教えを受ける。



いつまでも平和に続くかに思えた3人の生活は。。。




『優しい』話である。人間とは本来弱者に暖かい生き物である、
または、暖かく生きていかなければならない、という著者の
主張が満ちている。


希望に満ちた話である。子供達は大切にされるべき存在で、
やがて、授かった愛を糧にして大人を越えていくものである、
という著者の理想が語られている。



不幸な事件の絶えない現代だからこそ、
著者はこのような物語を書いたのであろうか。
「人間愛」と「信頼」に裏付けられたユートピアを。



必要性は誰もが認識していると思う。
きっとすばらしいであろうことも誰もが想像していると思う。


ただ、我々は、どうしたら良いのかわからないのである。

社会から、人々から失われた
「道徳観」や「人間愛」を取り戻す方法が
わからないのである。


最初から「人間愛」に満ちた人間を創り出しても
それは「現代」への解の提示にはなっていない。
この作品はあまりに美しくアンチテーゼにもなっていない。
進むべき道にしてはあまりに小さな世界の話である。


この物語を読んで、涙することは出来るであろう。
ただ、我々の抱えているこのもやもやとしたものを
どうしろというのか。

この著者には懐古主義では無く、未来の可能性についての
たくさんの提示をして欲しいと感じた。



(あ、ちなみに私は映画は観ていません。)



ちょっと息抜きにほんのりとした話をお好みの方にはお勧めかな。

 (^^)


ましーねん布教のためブログランキングに参加中!ぽちり→ぽちっとボタン①


関連記事

category: 最近の読書

thread: 読書感想文 - janre: 小説・文学

tag: 小川洋子  博士の愛した数式  読書感想文 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nutrocker.blog51.fc2.com/tb.php/303-15812d27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ましーねん布教!

プロフィール

カテゴリー

最近の記事+コメント

リンク集

来てくれてありがと(^o^)

月別アーカイブ

ブログ内検索

ましねおじさんにメルする