ましねおじさんのいろいろ

マシーネンクリーガーを応援しているおじさんの日常。

 

AFS:イハラ風改造その4 

イハラ風改造その4です。


第4回(最終回)は肩の改造!



キットのままだと若干肩幅が広め。

人が着るスーツとしては広すぎ??

なので、肩幅を縮めて自然な形にしてみます。

且つ、ボールジョイントを引き出し式にして、

可動範囲も確保します。 (^^)




使用部品~

AFSの改造



これまたWAVE製サポートパーツです。

足首の改造で使用したパーツと同じセットから使用します。

 PC-03 プラサポ① より 部品No5×2個

 BJ-05 Bジョイント(ボール径5mm) より 部品NoD×2個


この他に、「内径3mmのプラパイプ」を使用します。

探したのですが、タミヤ製の5mm塩ビパイプが内径3mmでした。


接着が面倒かも?と思い、

エバーグリーンのプラパイプ から

226(外径4.76mm・内径3.33mm)を使用しました。




加工前パーツ~

AFSの改造



肩を固定するパーツのボールジョイント部分を

揃えた部品で交換します。




パーツ加工終了~

AFSの改造



写真が加工終了した状態です。

 ① 両側のボールジョイント部分をカットします。

 ② 中央のボールジョイント延長部分をカットします。

    (電動リューターがあると便利です。)

 ③ プラサポ①パーツを元パーツの内側から両側に接着します。

 ④ 現物合わせで、プラパイプで間をつなぎます。

 ⑤ ボールジョイントを軸部分5mm長にカットしました。


この後、瞬間接着剤をプラパイプの裏等に流し込んで、

さらに強度を高めました。




肩幅比較~ (縮めた状態):

AFSの改造



またまたノーマルルナポーンとの比較です。

ボールジョイントを縮めた状態での比較。。。

パイロットの肩が自然に見えますね。 (^^)




肩幅比較~ (伸ばした状態):

AFSの改造



ボールジョイントを引き出してやると、

かなりの角度まで、肩が曲がります。 (^^)




以上4日間に分けてご紹介してきた、

4カ所が、MGに載っていた改修点です。 (^^)




組立完成まで、あともうちょいっ!



あとは、

皆さんみたいにかっちょ良く塗れたらいいのにな~。。。


 (^_^;



ましーねん布教のためブログランキングに参加中!ぽちり→ぽちっとボタン①


関連記事

category: AFSMkII製作

コメント

なるほど!!

4日間の作業おつかれさんです^o^/
なるほど~これはよく曲がっていいですね!
関節をパテシーリングする方法が主流ですが、
これからキットもたくさん出てくるみたいなので
可動派の人も増えるでしょうね!

URL | Na2 #-

2008/01/26 13:34 * edit *

うーーん

完成してみると、、、
やっぱりあんまり動かしたりはしないんですよね。。
時々足のポーズとかいじるくらいかな??まあ可動のプラモデルってそんなものなのかもしれないですね。

可動派も固定派もオレ流で楽しむのがマシーネンらしくていいと思います。(^^)

URL | ましねおじさん #-

2008/01/27 19:25 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nutrocker.blog51.fc2.com/tb.php/813-5bf08a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ましーねん布教!

プロフィール

カテゴリー

最近の記事+コメント

リンク集

来てくれてありがと(^o^)

月別アーカイブ

ブログ内検索

ましねおじさんにメルする